再試ビラ

1936年2月26日に、陸軍の将校たちが1000人を超す下士官兵を引き連れて、内閣総理大臣などを暗殺して政権を乗っ取ろうとした「二・二六事件」。

斎藤実らの殺害を聞いた昭和天皇は激怒し、青年将校らの鎮圧を求め、当時ばらまかれたのが「下士官兵ニ告グ」というチラシだ。このチラシをモチーフにしたと思われる、日本史教師による貼り紙がSNS上で話題を呼んでいる。

【画像】まるで「二・二六事件チラシ」のような告知全文


■漢字にはルビ

下士官兵ニ告グ」というチラシは、縦書き3行の内容。「反乱をやめること」、「やめなければ射殺する」と上2行に書かれており、3行目には良心に訴えるためか「家族が泣いておるぞ」といった記載がある。

漢字にはルビがふられており、漢字が読めない人にも何が書かれているか理解できるようになっている。


関連記事:「送りつけ商法」撃退に向け法律改正 送られたカニや鮭を即日食べても可に

■家族が皆泣いておるぞ

話題の「再試験ヲ受ケテイナイ者ニ告グ」も同様にルビが。また、「再試を受けないと成績を下げる」、「成績が下がると聞いて家族が皆泣いておるぞ」と内容も酷似している。

投稿したひりゅーさんは、関東地方の私立高校に通う3年生で、好きな教科は日本史しらべぇ編集部の取材に対して「告知した先生は、普段は優しくて、人気がある」と話す。

■チラシ発見情報も

この投稿には、4日午前8時現在12.3万件のいいねが押されている。また、同様の文体による告知が、各地の高校でも行われているといった投稿も相次いでいる。

さらに、ネット上には当時のものと思われる、額に入った古びた「下士官兵ニ告グ」チラシが、2018年に東京・神田神保町の骨董品店で売られていたといった情報もある。


■センスありすぎな告知

・合わせて読みたい→梅宮アンナ、父・辰夫さんの“看板黒塗り”騒動に言及 「離れる時が来た」と本音も

(取材・文/Sirabee 編集部・おのっち

日本史教師による”二・二六事件”風の告知が話題 生徒は「普段は優しい先生」