代替テキスト

自民党石原伸晃氏(64)が内閣官房参与に任命されたことが12月3日に発表された。しかし、世論の不満が噴出している。

FNNライムオンライン』によると、観光立国などを担当する内閣官房参与に任命された石原氏。起用の理由は、「国交相や観光立国担当相を務め、観光分野などに幅広い知識と経験があるため」と岸田文雄首相(64)が判断したためだという。

石原氏は10月に行われた衆議院選挙に出馬したものの落選。さらに比例代表選挙でも復活当選することはできなかった。そのため、石原派の会長も辞任することに。

内閣官房参与は首相のブレーン役です。岸田首相と石原氏が親密な関係にあるとはいえ、落選した人物が政権の中枢に“拾われた”ということに『民意を無視している』との非難が相次いでいます。また、内閣官房参与の給料は日給26,900円といわれています。もちろん、これは税金から捻出されるものです」(全国紙記者)

そのため、ネットでは「税金の無駄遣い」と厳しい声が上がっている。

看護士の給料は月に4,000円しか上げないくせにこんな民意で落選した石原伸晃氏には1日26,900円もやるわけ??税金の無駄遣いすぎにも程がある》(原文ママ
《国民が落とした石原に税金使うとかそれこそ無駄遣いだろ。普段財源財源と言ってるくせに》
石原伸晃って国民の民意により「この人は政治家にふさわしくないよ」「こんな人に日本の未来は任せられない」と判断された人じゃなかったっけ?まーた税金の無駄遣い

選挙に落選した当時、Twitterで《皆さまにお力をいただいたにもかかわらず、私の力量不足でこのような結果となり、大変申し訳ありませんでした》とつづっていた石原氏。力量不足でも“再就職”できた彼は、はたしてどんな力を見せてくれるだろうか。