妊婦・妊娠・車・シートベルト

運転中にイライラしたのが原因か…。バイクの運転手ともめた妊婦が射殺されていたことを、『New York Post』などアメリカメディアが伝えた。


■バイクに車を当てた女性

アメリカ・フロリダ州で暮らしていたサラ・ニコール・モラレスさんが、先日車で外出した。すると、すぐ近くをバイクで走っていた男性(40)になぜか腹を立て、故意に車を当てるという悪質な行為に及んでしまった。

男性はケガを負わずにすんだが、すぐに通報することに。車の中にいるサラさんに声をかけ「警官が来るまでここで一緒に待ってください」とお願いしたが、サラさんは首を縦に振らなかった。


関連記事:命名で衝突したまま両親が破局 娘は異なる2つの名で呼ばれ続ける事態に…

■当て逃げした女性を追い…

サラさんは男性の要求を断固拒否し、その場から車で逃走。男性が目撃者たちと一緒に追ったところ、サラさんの自宅に行き着いた。

あわてた様子のサラさんは家の中に駆け込み、銃を持って飛び出してきたかと思うと、銃口を男性たちに向けた。このとき警察に電話をかけていた男性は、とっさの行動に出た。

■まさかの死

たまたま銃を持っていた男性は、大慌てで取り出し発砲。致命傷を負い亡くなったサラさんは、妊婦だったという。

警察は今もこの日の出来事について詳しく調べている段階だと明かしたが、サラさんがなぜ車を男性に当てたのかも含め、詳しいことはまだ分かっていない。


■「イライラ」は半数以上が経験

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の52.0%が「どうしようもないほどイライラすることがある」と回答した。

どうしようもないほどイライラすることがある人の割合

ハンドルを握ると、性格が変わるという人もいる。渋滞、危険運転、あおり行為などにカッとなる人もいるが、そういうときには音楽を聴く、深呼吸する、アメなど甘いものを口に入れるなどすると、ある程度落ち着くという話もある。

運転中のトラブルは、取り返しのつかない事態になる場合がある。大事な命を守るためにも、交通ルールマナーはしっかり守りたい。

・合わせて読みたい→携帯電話の充電器で2歳女児が感電死 日本の電圧は世界で低い100ボルトだが…

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

車をバイクに当て逃げした妊婦 追ってきた運転手らと揉めて殺される事態に