AV業界は近年、AI技術によるディープフェイクモザイク破壊などの問題に直面している。そして今回、新たに編集前素材が中華系サイトに拡散するという災いに見舞われた!

130作品以上の無修正動画が流出

 10月初旬、ネット界隈が騒然とした。AV業界最大手のソフト・オン・デマンド(以下、SOD)を中心とした人気メーカー130作品以上の無修正動画が流出したからだ。日本のマスコミはほとんど報じなかったが、ツイッター5ちゃんねるなどで情報が拡散。台湾メディアは「中華系のサイトで拡散か」と一斉に報じた。

 現在では海外ポルノサイトを中心にアップロードや再拡散が繰り返され、世界的な“祭り”となっている。流出した動画には人気女優たちの作品も多く含まれ、ショックを受けた女優のなかにはSNS上で苦渋を吐露するケースも。

 動画には撮影スタッフが映り込んだものや、擬似精液を用いるシーンがあったため、「外注先の海外の会社から流出」「ハッキングされた」などさまざまな憶測が飛び交った。

 これまでSOD側は沈黙を守っていたが、真偽を確かめるべく取材を申し込んだところ、グループ会社の代表が重い口を開いた。

「7月頃、外部の人から『ダークウェブで流出作品の取引がされているようだ』という情報提供がありました。間もなく、海外のあるサイトで流出作品が売られていたことが確認できたので、専門家に依頼して調査を行いました。結果、数か月間はダークウェブ以外の場所での取引はほぼ行われていなかったのですが、10月に入ってから中華系サイトで不正に販売されていることが確認できました」(SODアートワークス・金朱惺代表)

◆流出作品が販売された「ダークウェブ」とは

 流出発覚後、同社は当該作品の撮影から販売までの経路を洗い出し、どこから流出したのか詳細に調べたという。

「制作流通の過程で、何者かが不正に編集前の撮り素材を取得し、ダークウェブで販売したことが明らかになりました」(同)

 ダークウェブとは、近年、世界中で社会問題化しているネット上の地下マーケットのこと。検索エンジンには出てこず、暗号化された通信システムを搭載した特殊なソフトが使用される。サイバー攻撃で違法に取得されたクレジットカード情報やパスワードなどが売買されたり、銃器や薬物、児童ポルノの密売にも用いられる。

 そんな場所で日本のAVの編集前の素材の取引が行われていたとは驚きだが、リスクを背負う価値があると思われているのだろう。日本のAVは世界中で人気が高く、多くの大手海外ポルノサイトで「日本人」が人気カテゴリーに入っているのは周知の通り。

 ダークウェブで販売された流出作品はその後、中華系のポルノサイトの運営者によって購入され、拡散していったと推測される。



◆関係者たちの悲鳴

 AV作品が正規ルートで販売されて人気が出れば喜ばしいが、違法なルートで販売されてしまうと憂うべき事態となる。今回、制作に携わった作品が流出したというあるAV監督は言う。

「違法アップロードが横行している現状には強い憤りを感じています。正規で買ってくれるお客さんがいて、その売り上げで我々は新しい作品を作ることができ、VRなど新しい技術への投資もできます。このまま違法な状態が放置され続けると、我々制作者だけでなく女優さんも生活ができなくなり、いずれAVはなくなってしまう」

 一方、流出作品に出演していたある女優は匿名を条件に取材に応じてくれた。

「信頼関係がないとこのお仕事はできません。その中で起きたことなので、裏切られた気持ちになりました。SODが故意でやったわけではないことは理解していますが、悲しくて、悔しくて……。早く犯人を見つけて処罰してほしい」

 この被害女優を抱えるプロダクションの関係者もこう話す。

ネットの普及でAVも隆盛しましたが、流出など負の側面があるのも事実。今回の動画はネット上から完全に消すのはほぼ不可能なので、女優の心の傷が癒えることはない。違法作品をアップロードしない、拡散させない仕組みをつくることが早急に必要です」

SODは“徹底抗戦”する構え

 被害者の声を受けSODサイドは「被害者に深くお詫びするとともに被害の回復に全力で取り組んでいきたい」と答え、対策に乗り出すことを強調した。

「違法動画のパトロールを強化し、画像や動画をアップロードしたり、SNSで女優さんにリプライで送りつけたりする行為については、権利者名義で削除申請を送付するだけでなく、弁護士名義での警告文の送付を行います。また、このような行為を繰り返し行うような悪質なアカウントには刑事・民事での対応を検討しています。もちろん、5ちゃんねるなどの掲示板への書き込みも、弁護士を通して削除対応していきます」(金氏)

 流出作品をアップロードしたり、動画のリンクを書き込む人に対し“徹底抗戦”する構えだ。興味本位で見てみたいと思った読者も要注意。拡散・再アップロードした人に対しても、SODは法的措置を取ると述べているからだ。

◆リンク先を書き込むだけでも摘発対象に

 すでに映画業界やゲーム業界は近年、違法著作物で悪銭を稼ぐ業者との闘いで勝利を収めている。AVに関しても、いよいよ違法アップロードに対してメスが入ろうとしている。’18年の「漫画村」事件で運営者を特定した中島博之弁護士に話を聞いた。

「昨年の著作権法改正により、リーチサイトが禁止され、刑事罰の対象になりました。改正前の話ですが、過去に摘発された大手海賊版漫画リーチサイト『はるか夢の址』の裁判では、運営者に実刑判決が出ています。違法リンクを集めたサイトを宣伝する行為も、何度も故意にやると『リンクの提供行為』で処罰される可能性があります。AVに限ったことではありませんが、今後は著作権者が毅然と法的責任を追及していくことが大事だと思っています」

 AVは日本が世界に誇るコンテンツとも言える。今回のような大規模な流出は、経済的にも日本にとって大きな損失だろう。最初に流出させた真犯人が逮捕されるのを祈るばかりだ。

◆課金アプリで勝手に商売!中華系ポルノサイトの実態

 今回の大規模な流出劇で拡散の端緒となった中華系のポルノサイトとはどういうものなのか。中国ネット事情に詳しいライターの広瀬大介氏は言う。

「ご存じの通り、中国から日本のAVの配信を視聴したり、欧米ポルノサイトにアクセスすることはできません。現在ではアンドロイドの専用アプリスマホに入れて見る方法が主流で、多くは課金して視聴するシステムです」

 こうした中国大陸向けの無修正動画アプリは乱立しており、どれもアンドロイドの公式ストア経由ではなく、APK(プログラム)を直に端末にインストールして使用する。アプリにはVPN(専用回線)が組み込まれており、中国のネット規制の影響を受けない。

「調べた限り、サーバー自体はアメリカにある場合が多いようですが、運営は中国人や台湾人でしょう。コンテンツ100%海賊版で、ほぼ日本のAV作品で占められています」

 実態を調べるため、あるアプリを入れると、そこにはAV女優の名前が中国語で並んでおり、ジャンルごとに絞り込めるようになっていた。サブスク契約の場合、見放題で月500円となっていた。

「『Pornhub』や『XVIDEOS』など海外ポルノサイトに中国語タイトルや字幕があるものも多いと思いますが、こうした動画は誘導するために宣伝目的でアップしたものや、再拡散したものなのです」

 まさに無法状態とはこのことだ。

取材・文/中山三里(オフィスキング) アズマカン