今年の9月7日東京都三鷹市にある跨線人道橋を解体撤去するJR東日本の方針を受け入れたと三鷹市がホームページで告知した。

 老朽化のため安全面に問題があることや、観光資源として三鷹市へ譲渡しても修繕維持費用が年間3000万以上かかることから撤去になった(ただし工事開始は未定)。

〈「撮り鉄」たちの聖地、昭和の遺産が消える〉などと新聞各紙で報じられたのも記憶に新しい。

昭和アニメにも影響か

 跨線人道橋(以下、跨線橋)とは、歩道橋と同じ構造で線路をまたぐ人道のことを指す。三鷹の跨線橋は1929年に旧鉄道省が三鷹電車庫(現・三鷹車両センター)開設の際、人の往来確保のために建設した。

「あの橋からの落日の眺めは昔のアニメに活かされたと思うんです。私も参加した『ルパン三世』や『天才バカボン』にもね。三鷹周辺にはアニメスタジオアニメーターが多くいましたから。姿を消すのは残念です」

 そう惜しむのは、かつて三鷹にもスタジオがあったアニメ制作会社東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の下で働いていた元アニメーターTさん。氏によれば、

「いまも三鷹駅近くにタツノコプロがあるでしょう? 『一発貫太くん』や『ハクション大魔王』の夕陽にも影響してるんじゃないかなあ。暮れなずむ時の太陽や家並みのシルエット。まさに昭和の叙情ですよ」

 たしかに、一連のアニメには夕陽が出ていたような記憶が……三鷹跨線橋、「撮り鉄」のみならず、もしや昭和アニメの聖地なのか? こうなると、百聞は一見に如かず。実際に跨線橋に行ってみるしかないではないか。

 跨線橋への順路として、まず三鷹駅南口を出る。階下にバスロータリーがあるペデストリアンデッキを下り、総武線東西線中央線の線路を右手に見ながら武蔵境方面へ直進だ。路上案内に「電車庫通り」とあるように、この先には三鷹車両センターがある。電車庫通り、という古風な語感は「鉄」さんたちにはたまらない響きだろう。

国鉄三大ミステリーの現場

 ここは鉄道ファンだけの地ではなく、実は昭和史の現場でもある。下山事件、松川事件と並んで国鉄三大ミステリーに数えられている「三鷹事件」が起きた場所だ。事件は1949年7月15日、車両庫から時速60キロで暴走した7両編成の電車が脱線転覆。死者6名、負傷者20名の犠牲者を出した。国鉄労働組合共産党員と元運転士が逮捕されたものの、未だ真相に謎が残るとされる。今はその面影などなく、のほほんとした線路沿いの住宅地である。

 200メートルほど歩くと、すぐに跨線橋に到着だ。全長93メートル、幅約3メートル、高さ約5メートル。見上げると淡いグリーンの再塗装は橋の北側だけで他はサビで茶っぽいのがわかる。どうも予算不足で放置されてるらしい。階段は砂利混じりのゴツゴツしたコンクリ造りで、ストロークが戦前仕様なのか短い。全体的に昭和ライクな武骨感が漂う建造物である。

 フェンスで安全を確保された橋の上、人道も階段同様の凸凹した質感だ。そこにはすでに先客がいた。子どもを遊ばせている親子、一眼レフを構え、列車を待つ熟年カップル、腕組みして線路を見下ろす男性など。

「撤去が決まったニュースを知って来たんですよ。高さ的に、走ってくる列車と橋上が近いじゃないですか。動画での迫力が凄い!」

「ここの柱や橋桁には古レールが使われてるんです。よーくみると刻印があります。日本だけじゃなく、ドイツアメリカの製鉄所からのものだとわかるんですよ!」

 カップルが興奮気味に語るように、橋を通過する電車の距離感が近い、近すぎる。アクション映画のスタント場面に持ってこいのロケーション度合なのだ。

運転士が鳴らす「汽笛」

 プオン! 汽笛が一声、響き渡る。子どもが「バイバーイ」と飛び跳ねたり、電車に手を振って喜んでいる。

「最初に訪れた時、意外と眺めがいいので驚きました。周りの建物が低いから空が広くて。電車との距離が近いからか、子どもが手を振ると運転士さんが汽笛を鳴らしてくれるんです。大人でも嬉しいですよね」

 近隣の親御さんたちにとって、ここは親子揃って楽しめるスポットなのだ。アニメーターが惚れ込んだという夕暮れ時も近い。それまで遠く奥多摩の稜線を眺めたりして和んでいよう。

 と、傍らに腕組みの男性が立っていた。

「ああやってね、ちびっ子が一生懸命に手を振っても汽笛が鳴らない時があるでしょ。だから昔っから、ここらの小学生中学生は汽笛が鳴る鳴らないの当てっこやるんスよ」

 年齢不詳、ホワイトソックスの帽子にジャイアンツジャンパーを羽織った男性はバリトンの効いた声で教えてくれる。確かに手を振る子どもらへ汽笛を鳴らさず通過する快速や特急「あずさ」や「かいじ」がある。

「俺ね、百発百中。確実に鳴らせるんス」

 え?! まさかの「汽笛おじさん」? これは只者ではない方に出くわした。筆者が男性を見返すと男性はポーカーフェイスのまま。男性はちびっ子に混じって、下りのかいじを迎える格好で立つ。右手に帽子を持ち、両手を交差させて合図を送る。まるで手旗信号を送る熟練の鉄道マンだ。

 特急は轟音を響かせながら甲府へ向けて走り去る。予告汽笛は不発。

「腕、落ちたなあ。引退っス」

 男性は帽子をとって潔い一礼をし、跨線橋を下っていく。ナイストライ、こちらは気にしません!

 三鷹跨線橋の建設から今年で92年。1939年に三鷹に移り住んだ小説家太宰治は跨線橋に登って町を眺めるのが好きだった。

 毎日、武蔵野の夕陽は、大きい。ぶるぶる煮えたぎって落ちている。(中略)ここは東京市外ではあるが、すぐ近くの井の頭公園も、東京名所の一つに数えられているのだから、此の武蔵野の夕陽を東京八景の中に加入させたって、差支え無い。(太宰治『東京八景』)

 その沈む夕陽は、筆者にも眩しく沁みるものだった。

(岸川 真)

タツノコプロは三鷹にある