戦車

イギリスで今、イベントなどで生かすことを考案し、廃棄されていた陸軍輸送車を購入した男性が話題になっている。そんな珍しい事業がなかなか順調であることを、『India Times』や『News18』などの海外メディアが報じている。


■約300万円で軍の車両を購入

イギリスノーフォーク州の州都ノリッチ市に住むマーリン・マチェラーさん(38)は昨年、「オンラインで戦車が売られている」との情報を聞きつけた。

ある民家の庭に廃棄されたまま40年間にわたり眠っていたものだといい、マーリンさんはこれを所有者から2万ポンド(日本円で約300万円)で購入した。


関連記事:家電の緩衝材が男心くすぐられる作品に変化 「見てるだけでワクワクしてしまう」

■憧れだった戦車

車両は全長5メートルで、名称は「FV432装甲兵員輸送車」。見かけは戦車そのものだが、実際には戦車と同レベルの重装備を施した輸送車だという。

この輸送車は1967年に製造され、長年イギリス陸軍によって使用されてきた。マーリンさんは「ずっと戦車に憧れていたんだ。輸送車でもいい。手に入れられてとても嬉しい」と喜びを語っている。

■イベントに引っ張りだこ

車の中は9人が座れる仕様になっており、マーリンさんはこれを用いて『戦車タクシー』という名のタクシー業を営むことを思いついた。

交通省に事業としての申請を済ませたところで、認可されるまでは結婚式、葬式、プロムなど、大きなイベントパフォーマンスの一環として、乗客を輸送することのみ許されているそうだ。1回のイベントで、750ポンド(約11万円)の料金を請求しているという。


■娘たちも大興奮

ユニークアイディアは瞬く間に巷に知れ渡り、今では見ず知らずの人からも「戦車に乗せてください」と声をかけられるというマーリンさん。週末になると4人の娘を乗せ、地元のスーパーマーケットに買い出しに行き、公園に寄って帰るのが恒例になっているそうだ。

マーリンさんはメディアの取材に、「下の娘たち3人はこの車が大好きです。『学校にもこれで行きたい』と言うほどですが、中学生の長女は、『かっこいいけれど恥ずかしい。友達に知られなくない』なんて言っています」と笑いながら話している。

・合わせて読みたい→「めちゃくちゃ有益…」 東雲うみ、プラモの質問に集まったファンの回答がスゴい

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

憧れの”戦車”購入しタクシー業スタート 4児のパパのユニークな案に注目集まる