図書館・図書室

アメリカ・アイダホ州にある公立図書館にて、110年以上貸し出されていた本が返却されたというニュースを、『Huffpost』『NBC news』などの海外メディアが報じている。1世紀分の延滞料金は、はたしていくらになっていたのだろうか。


■最後の貸し出しは1911年

アイダホ州の州都であるボイシの公立図書館では最近になって、1世紀以上貸し出されていた1冊の本が返却されたことが、大きな話題を呼んでいる。

この本はケート・ダグラス・ウィギン作の『レベッカの新クロニクル』で、1911年11月に最後に貸し出されて以来、110年間の旅から図書館に帰ってきたことになる。


関連記事:NY州司法試験では厳格な身辺調査も 小室圭さんが求められる申告と説明

■保存状態は良好

図書館スタッフによると本の状態は「極めて良好」で、110年以上前に貼られた図書館のものであることを表すシールが、そのまま背表紙に残っていたという。

貸し出しの日付が書かれたカードも判読可能な状態で残されており、おそらく本好きな人物によって大切に保管されていたのだろう。

なぜ今まで返却されなかったのかはわからないが、110年前に本を借りたその人物が今も存命である可能性は低く、何かの事情で蔵書の中に埋もれ続けていたのかもしれない。

■延滞料は当時の年収以上?

本の内側には延滞料金に関する説明も印刷されており、期限を超えた場合に課される料金は1日2セント(約2円)。110年間で計算すると、積もり積もって800ドル(約9万円)にもなる。

110年間延滞して9万円ではむしろ安いのではないかという気もするが、貸し出した当時のこの本の価格は1.50ドル。1910年頃のアメリカ人の平均年収は500ドルほどだったというから、むしろ罰金としては重かったほうなのかもしれない。

なお市の図書館では、2019年に本の延滞料金のシステム自体を廃止している。


■日本ではアニメ化も

この本は当時人気を博した小説『少女レベッカ』の続編にあたり、同作は子役時代のシャーリー・テンプル主演で舞台にもなっているほか、日本の若手アニメーター育成プロジェクトアニメたまご』によって『レベッカ』というタイトル2020年短編アニメ化も。

1世紀以上の旅から帰ってきた『レベッカの新クロニクル』は、今後は閲覧することはできても借りることはできない本として、図書館の歴史室に置かれることになるそうだ。

・合わせて読みたい→学生を狙う違法バイト募集に大学図書館が注意喚起 危険な実態を聞いた

(文/Sirabee 編集部・びやじま

1世紀の時を経て図書館に返却された本 延滞料金は当時の年収以上に