夫婦・両親

元気に出かけた子供たちが、車にはね飛ばされ亡くなってしまったとしたら…。衝撃的な出来事にショックを受けるた両親が、それでも「運転手を許す」と決めたこと、またその経緯について、『The Sun』など海外のメディアが伝えている。


■悲劇的な事故が発生

オーストラリアで暮らす夫婦には、6人の子がいた。しかし2020年2月、3人(13、12、9)が友達やいとこたちと外出し、アイスクリームを買って家に戻る途中で車にはね飛ばされ、重傷を負って命を落とした。いとこ(11)も死亡するという大惨事だった。

その後の取り調べで、運転していた男が酒に酔っていたこと、さらには薬物の影響も受けていたことも判明。大事な子供たちを亡くした夫婦の悲しみは深く、葬儀の会場では棺にすがりつきむせび泣く一幕もあった。


関連記事:尾木ママ、高齢ドライバーについて提言 免許は「ハードルを高く設定すべき」

■夫婦の決断

事故からしばらく経ったころ、夫婦は恨む気持ちに区切りをつけ「あの運転手を許そう」と決心した。許すことで、深く傷ついた心が徐々に癒えて、穏やかな気持ちで暮らせるようになると信じたからだ。

加害者ではなく、むしろ自分たちにとって救いになる」「だから自分たちのために、許したい」。そう考えた夫婦は団体を立ち上げ、同じように深い悲しみを抱えた人たちに「許す道を選ぼう」と呼びかけている。

これに対し人々の反応はさまざまで、インターネットには「無理、自分だったら絶対に許さない」というコメントも多数書き込まれている。

■新しい命

許す道を選んでもなお、子供を亡くした悲しみが癒えたわけではない。そんな夫婦の姿を見かねたのか、子供たちが「赤ちゃんを産んでほしい」「弟か妹が欲しい」とせがみ始めた。それを聞き、夫婦も子供を増やそうと心に決めたという。

先日、この夫婦は「来年3月には赤ちゃんが生まれます」と発表。メディアの取材にも応じ「子供たちにとっても新たなスタートになることでしょう」「妊娠は、再び希望を持つきっかけになりました」と語った。


■実刑判決を下された運転手

子供たちをひいた運転手は31歳の男で、懲役28年の実刑判決が下された。しかし判決を不服として控訴する予定だといい、夫婦の気持ちは穏やかではいられないかもしれない。

12月交通事故が増える時期だ。クリスマス忘年会で「思い切りお酒を飲もう」と考えている人もいるかもしれないが、飲酒後の運転は絶対にしないでほしい。

・合わせて読みたい→ふかわりょう、9歳児の自動車運転事故に警鐘 「教訓にしたほうがいい」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

飲酒運転事故で子供3人を亡くした両親 「加害者を許す」と決めた理由は…