猫の鳴き声を翻訳できるアプリを使ったときのことを描いた漫画「ねこ語翻訳アプリ」がSNS上で話題となっています。猫語翻訳アプリを、飼っている猫たちで試してみた女性。「遊んで!」など、ほのぼのする翻訳ワードの中に「機嫌が悪い!」というネガティブワードがあり、鳴き声を確認すると…という内容で「思わず笑ってしまいました」「私も同じでした」「やってみたいなあ」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

愛情たっぷりの声掛けなのにまさかの…

 この漫画を描いたのは、In.S_そーい(ペンネーム)さんです。イラストレーターとして活動しており、インスタグラムブログ「もふもふびより」で猫との日常漫画やイラストを描いています。漫画は中学生の頃から描き始めました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

In.S_そーいさん「何となしにアプリに保存された猫たちの声を再生していたら、予想外の自分の声が録音されていた上に、不機嫌判定されていたのが衝撃すぎたので…。これは漫画にしなければ!と思いました」

Q.この猫語翻訳アプリは今も使っているのでしょうか。

In.S_そーいさん「最近はほとんど使っていませんが、あまり聞き慣れない鳴き声のときには慌てて、アプリを起動することがあります」

Q.甲高い声以外に翻訳されてしまうものはありますか。

In.S_そーいさん「今のところ、甲高い声ばかりでした」

Q.愛情いっぱいの声なのに不機嫌判定はショックですね。その後、いろいろ試してみたのでしょうか。

In.S_そーいさん「特に試したりはしていません。アプリの翻訳よりも、実際に声掛けしたときに、うれしそうにしてくれる猫たちの反応を信じることにしました!(笑)

Q.飼っている2匹の猫ちゃんの「機嫌のいいとき、悪いとき」は何となく分かりますか。

In.S_そーいさん「どちらも、あまり機嫌が悪いときはないように感じます。ただ、『今は1人がいいんだなーそっとしておこう』と思わせる雰囲気は感じます」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

In.S_そーいさん「『笑ってしまった!』といったコメントや『私も同じことがありました!』といった声を多く頂きました」

オトナンサー編集部

漫画「ねこ語翻訳アプリ」のカット=In.S_そーい(in.s_soi)さん提供