NHK番組の「ファミリーヒストリー」や「自分史ブーム」から家族のルーツ探し、家系図への関心が高まっている。

 伝統や系譜に対する意識は誰にもあるのだろうが、その“頂点”に位置するのは現天皇で126代とされる天皇・皇室。だが、敗戦直後は天皇制が大きく揺さぶられた時期だった。

 東京裁判に代表される戦争責任の問題、新しく制定される憲法との絡み、そして最大のカギは日本占領に当たった連合国軍と、その実質的な主体であるアメリカ政府の意向。複雑で微妙な状況の中に一石を投じたのが、当時幾人も登場した自称天皇たち、中でも熊沢寛道の「熊沢天皇」だった。

 国内外のメディアに取り上げられて一時は“時代の寵児”に。しかし、庶民の関心は長続きせず、徐々にピエロのような存在に。忘れ去られる中でひっそり世を去った。

 戦後の混乱期に登場し、一瞬怪しい光を放って消えた彼は一体何だったのか。皇室存続をめぐる論議や皇族の女性の結婚に過剰な興味が示されるいま、その意味を考えてみる。「熊澤」という表記も見られるが、本人が著書などで「熊沢」を使っているので、新聞の見出し以外はそれに従う。今回も差別語・不快語が登場。敬称を略させてもらう。

「別の“天皇”がいま登場した」

 問題が世に知られるきっかけは、日本と朝鮮半島向けのアメリカ軍準機関紙「Stars and Stripes Pacific」(星条旗太平洋版)の記事だった。敗戦から約5か月後、1946(昭和21)年が明けて間もない1月18日付1面の題字の上に「Pretender Claims Hirohito’s Throne」の大文字。「僭称者(王位を自称する者)がヒロヒトの皇位を要求」とでも訳すのだろうか。

 主見出しは「56歳老商店主が真の元首の血統と発言」。「ピーター・グロツキー軍曹・記者」の署名がある記事は冒頭、次のようだった。

〈【東京】別の“天皇”がいま登場した。日本の皇位の血統は554年前の革命で破壊されたと主張。長身、上品で、現在は戦禍の日本の街の郊外でつつましく商店主をしているクマザワ・ヒロミチが、自分を皇位に就けて“歴史的不正”を根絶するようマッカーサー元帥に請願した。  彼の店の裏側の質素な住居を訪れたアメリカイギリスの4人の記者によると、56歳の熊沢は、山のような歴史文書と陵墓、神社、宝物のリストやその他、彼の主張を裏付ける証拠を所持している。  1カ月以上前に提出されたという請願は、彼の主張を実証する文書、宝物は現在、ヒロヒト天皇、皇室、そして故近衛(文麿)公爵が所有しているとした。 「タイム」「ライフ」誌のリチャード・ローターバック、「ロンドン・デーリー・テレグラフ」のコーネリアスライアン、「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」のフランク・ケリー、「ボルチモア・サン」のロバート・コクレーン、そして「ライフ」のカメラマンアルフレッド・アイゼンスタッドが取材に訪れた時、少数の側近から“ヒロミチ天皇”と呼ばれている彼は、天皇以外厳禁されている16弁の菊の紋章をつけた着物を着ていた。〉

 グロツキーは5人のうちの誰かから話を聞き、「Stars and Stripes Pacific」は東京発行のため、結果的に他の新聞や雑誌より早く掲載されたのだろう。マッカーサー元帥は、占領軍のトップの連合国軍総司令官

「ヒロヒトは北朝の継承者であり、自分は南朝の最後の天皇の系譜を継いでいる」

 記事は、この後に、「僭称者の物語」として彼の主張をつづっている。要旨は次のようだ。

〈「後醍醐天皇在位当時、足利尊氏が反乱を主導して天皇を京都から南の吉野山に追いやり、自らの判断で皇子を立てて新しい王朝を開始。京都から北を治めた(北朝)。約60年間、皇位争いは続き、南の正当な王朝(南朝)は後村上、長慶、後亀山と3代続いた。ヒロヒトは北朝の継承者であり、自分は南朝の最後の天皇の系譜を継いでいる。  1392年、南朝の後亀山天皇は強いられて、皇位と、鏡と剣と勾玉の三種の神器を北朝の後小松天皇に譲り、その子孫が現在の皇室になっている。後小松天皇の即位は正当ではない。  クマザワ家の子孫はそれ以来5世紀、譲位を要求。そのために暗殺された者もいた。70年間に7回、宮内省(当時)に請願したが、迫害を受け、自分も17年前に亡くなった父親も思想警察に弾圧された。自分は僧侶、農民、行商人を経て最後に商店主になった」〉

マッカーサーから保護されている」と主張

 同紙は翌1月19日付にも1面右下に、店の前に立つ熊沢と妻、3人の子どもの写真を載せている。「LIFE」は1月21日付で同趣旨の記事を載せ、他の記者が所属する新聞もそれぞれ記事を掲載したとされる。このときのことを熊沢は12年後の「人物往来」1958年11月号掲載の「未発表・熊沢天皇回顧録」で振り返っている。

〈 ある日、自宅へ5人の外人記者が二世の通訳を伴って訪れてきた。  5人の記者は、脚の苦痛を我慢しながら畳の上に座り、実に6時間半にわたって私の話を熱心に聴き、写真を撮った。  話し終えて、宅にあった配給のビールを出してコップについでやると、彼らはそのコップを持って外に出ていく。そして外で乾杯している。不思議に思った私が通訳に聞いてみると、「『日本新皇室バンザイ!』と言っているんですよ」と答えた。〉

 ただ、彼はやってきた一団がGHQから派遣された歴史学者と思っていたらしい。その後の著書などでも「マッカーサーから保護されている」と主張。

「ばかばかしい」投書が…

 1962年に出版された著書「南朝と足利天皇血統秘史 万世一系はいづこ」の冒頭にも「LIFE」の記事を掲げ、その説明に「昭和二十一年マッカーサー元帥が全世界に裕仁天皇は歴史的の天皇ではなく、ヒロミチ(熊沢)天皇は沢山の証拠をもつ。これが真の日本天皇であろうと発表した記事」と書いている。

Stars and Stripes Pacific」の記事に出てくる5人のジャーナリストのうち、コーネリアスライアンはその後、「史上最大の作戦」などで知られる作家になるが、「ヒロミチ天皇」については、フランク・ケリーとの共著「Star-Spangled Mikado」(1947年)に書いているという。

 秦郁彦「熊沢天皇始末記(上)」(「正論」1989年6月号所収)によれば、その取材に至るいきさつは次のようだった。

 前年の1945年11月、東京・丸の内にあった連合国軍総司令部(GHQ)G2(参謀第2部)所属の翻訳通訳部(ATIS)で、若い中尉が1通の封書を読んで「ばかばかしい」と放り出した。

 同部は、日本国民から寄せられた投書の翻訳と分析を担当していた。部屋に来合わせていたローターバックが興味を持ち、「訳ができたら読ませてくれ」と頼んだところ、中尉は封書を貸してくれた。それが“ヒロミチ天皇”のマッカーサー元帥宛て請願書だった。内容は「侍従長」格だった吉田長蔵の著書「新天皇論」(1952年)に載っているが、「現皇室は往昔、足利軍閥の私に利用せんとして擁立したる北朝の天皇の血統」であって「皇位の正当なる継承権は大覚寺統、すなわち南朝に存す」と主張していた。

 ローターバックは他の記者仲間にも声をかけて勉強会を開くなどして内容の理解に努めた。代理人に連絡をとったうえで、米軍専用車両で東京を離れたのはその年のクリスマスの日。夜半に名古屋に着き、米軍用ホテルジープを借りて名古屋市内の“ヒロミチ天皇”の家に向かったという。

時代のタイミングシンクロした「熊沢天皇」

 国内の新聞も19日付で朝日と読売報知(当時)が「星条旗」を引用して報道。当時、日本の新聞は朝刊のみ、原則2ページ建てで、朝日は2面コラム「青鉛筆」だったが、読売は2面最上段に「“我こそ正統の天皇” 名乗りをあげた南朝の後裔 マ元帥へ陳情書提出」の横見出しだった。

 読売の同じ紙面には「ふえた天皇制論議」の記事が。同紙の「叫び」という投書欄で、投書の第1位は天皇制の問題で全体の2割近く。ラジオ座談会に刺激されたとみられるが「一般国民の間にいかに天皇制に対する関心が高まっているかが分かる」と記事は書いている。

 食糧難がピークに達したこの年の1月1日昭和天皇は「天皇は神話と伝説によって生まれたものでなく、国民と利害を同じくし、相互の信頼と敬愛によって結ばれたもの」とする詔書を発し、「天皇の人間宣言」として国民に衝撃を与えた。GHQの意向を受けた天皇側の生き残り戦術だった。

 敗戦直後の当時は、東京裁判を前に、天皇の戦争責任を問う声が国内外から上がる一方、天皇の位置付けを焦点として新憲法をめぐる動きも進んでいた。「熊沢天皇」は天皇論議が最高潮に達した“絶好の”タイミングで出現。GHQ外国人ジャーナリストの中にもいた天皇に反対する勢力にとって格好のキャンペーンの材料になったといえる。

東大国史学科の教授の見解は…

 ただ、彼を訪ねた5人の反応を見ると、ジャーナリストとしての興味というか、風変りな人物の登場を話題として面白おかしく取り上げた、という印象が強い。

 1月20日付読売は2面ベタ(1段)で「發(発)言權(権)なし 熊澤問題語る 東大相澤教授」の記事を載せた。「熊沢天皇」問題についての東大国史学科の教授の見解。

「元来、南北朝歴史は明治44(1911)年の第27議会で大問題となり、国会はこの国体論のために終始し、論議を尽くした結果、南朝の正統たることが歴史的に証明され、今日、歴史家の定論となっている。57年にわたる両朝対立の後、元中9年に第99代の後亀山天皇は持明院統(北朝)の後小松天皇に正式に譲位され、南北朝合一となったのであるが、この合一は足利義満の謀略によるもので、義満は講和条件を全く無視し、以後南朝を圧迫し続けた。ここにこの間の紛擾がかもしだされる原因があるのだろう」

「なんら発言権がない」

 ここまでは「熊沢天皇」側の言い分と重なるが、後が違う。

「証拠資料があるなら、その正誤を鑑定するのは、歴史家にとって極めて容易のことだ。その人物が本当の系図なり資料なりを持っていても、皇位継承問題については何らの発言権もない。なぜなら皇統の後裔という理由で発言権があるとすれば、日本人の中には正当な資料を持っている者がどれだけいるか分からない。しかも元中9年の合体以後、後小松天皇が皇位の全ての条件を満たされて正当の天皇となってから今日まで、正当の皇位継承が行われてきているのだから、南朝の子孫といっても、皇位継承問題にはなんら発言権がない」

 あっさり切り捨てたという感じだ。

近隣の人たちの語る「熊沢天皇」

 日本のメディアの独自取材記事は同じ20日付で、熊沢の住居のある名古屋の地元紙・中部日本新聞(現中日新聞)が最も早かったようだ。同紙は前日19日付はデーリー・テレグラフの記事を引用したロンドン発ロイター=共同電を載せたが、この日は2面3段で「菊花の紋も天下御免 南朝再興 熊澤寛道氏とは」の見出し。「系図を説明する熊澤氏」の写真付きで次のように書いている。

「作業服姿で語る氏は頭がはげて精力的な、見るからに一徹者らしい風采だ」「『写真を』と言えば、菊花の幕を部屋に巡らし、自分はあらためて紋服に着替え『さあ』とばかり、系図の巻き物を調べるポーズをつくる熊沢氏でもあった」「『10年ほど前に所轄署で16弁の菊花紋を使用してはいかぬと言われたが、家紋だからと拒絶した。そのほか何も言われたことはない』と言っている」

「近隣の人たちは、偏ったところがあり、なかなか利かん気の人だが、家庭は円満なようです、商売は今市市場に商品を出したり、青果物を売っているが、あまり大きくはやっていない」「と『熊沢天皇』について驚き気味に語っていた」

 翌1月21日付読売報知も社会面2段、顔入りで「“熊澤天皇” 名古屋で洋品店」の見出し。「天皇」の身元を確認したという内容だ。こちらにも本人の談話が付いている。

〈 非常に慎重を要する問題ですから、私の口からとやかく申すのは誤解を招くのではないかと心配しています。私の父、大然が明治16(1883)年ごろから証拠集めに乗り出し、同41(1908)年、自分が南朝の直皇系であること、時之島の古墳を熊沢の墳墓と認めること、八幡社を昇格させることを請願、上奏したのをはじめ、私の代に至るまで数度にわたり上奏しましたが、全て却下されました。〉

「父」とあるが、寛道は大然の養子で、もともと熊沢一族の出身。時之島は現愛知県一宮市。読売報知は2月3日付でも「“熊澤天皇”帝都へ」の見出しで、熊沢が上京して知人宅にいると伝えた。

全国各地で講演会を開催

 記事の中で熊沢は名字について「南朝9代目の天皇、熊野宮信雅王のとき、尾州・時之島に入御。熊野の熊と沢邑の沢をとって、かく名付けたのである」と説明。「沢邑」とは、「信雅王」が応仁の乱に敗れて逃げ落ちた福島県の地名。そののちに時之島に本拠を移し、寛道がそこから名古屋に出てきたのだという。

 さらに4月20日付読売報知2面コラム「街」は、同月22日午後1時から東京・芝区(現港区)田村町の飛行館で「熊沢天皇真相発表会」が開かれるのを一種ジョークのように取り上げている。

「反対、疑問、支持論者が都内の所々に張られたビラを取り巻いての自由論議である」「口の悪い一人『どうでもいいや』」。この記事から分かる通り、メディアによって一躍「時の人」となった熊沢は全国各地で講演会を開催し始めた。

 秦郁彦「熊沢天皇始末記(下)」(「正論」1989年7月号所収)によれば、講演会は入場無料で平均500人の聴衆を集め、のちには資金難から30円、50円(現在の1200円と2000円)の入場料を取るようになったという。

「天皇制共産主義ですナ」

 この間の同年2月、GHQは日本政府が提出した憲法改正要綱を拒否。象徴天皇など、現行憲法の骨子となる「マッカーサー草案」を突きつける。政府はこれを基に3月6日、要綱を発表した。東京裁判は同年5月3日に開廷。昭和天皇の戦争責任が1つの焦点となる。こうした状況の中で天皇に批判的だった「左翼」は、「熊沢天皇」をどう見たのだろうか。

 戦後創刊されたリベラル派の新聞「民報」は6月3付で「天皇制共産主義ですナ スポークスマンの夢幻的御託宣“熊澤天皇”とは」という見出しの記事を掲載している。「帝都に入洛中というので、城北の某アパートの一室に“熊沢天皇謁見”にまかり出た」と最初から揶揄的。

 本人は不在で「熊沢天皇に関しては、当主の意を体して一切の代弁を任されている」という「侍従長?」「宮内大臣?」の吉田長蔵(52)と記者が一問一答を交わしている。

「今度の戦争は北朝と軍閥がやったことだから」

 その中で吉田は「敗戦で『熊沢天皇』を持ち出したわけは?」と問われ、「今度の戦争は北朝と軍閥がやったことだから」「負けたのは北朝と軍閥、官僚、財閥、地方の特権階級」「終戦の詔書で陛下も朕の身はどうなっても構わぬと言っているのだから、私情を投げ打ってこの際善処すべきであるとこう思ったから」と答えた。

 さらに「国の基本を確立させなければならぬ国体護持の立場から南朝に大権を奉還すべきである」「(現)天皇は大元帥として当然戦争の大権を掌握していた戦争犯罪者である」とも。日本政府の憲法案を「現在の天皇を認めていれば死文と同様」と述べ、「共産党は天皇制絶対打倒だが?」と聞かれてこう答えている。

「北朝の天皇制は国民に被害を与えた。だが、南朝の天皇は圧制をしておらず、もし南朝が立てば、幸福にいかないことはなく、天皇制の下でも共産主義でよろしい。天皇共産主義ですナ」。吉田は「熊沢天皇」の史学全般を担当していたというが、これでは揶揄されても仕方がないと思わせる。

「浅草のストリップ劇場に現れ、女体鑑賞としゃれ込んだ」現れた“南朝の系譜を継ぐ天皇”と“キクの御紋”の行方 へ続く

(小池 新)

第一報となった「Stars and Stripes Pacific」の記事