歯ブラシホルダー

水回りの収納は、利便性だけでなく衛生面も気になるところ。しらべぇ編集部では、大掃除のついでにやってみたい「浮かせる収納」の手始めとしてピッタリな便利グッズを発見した。


画像をもっと見る

■やってみたい「浮かせる収納」

歯ブラシホルダー

SNSでも、お洒落で収納上手なユーザーたちが、様々なアイディアを公開し注目を集めている「浮かせる収納術」。浮かせることで掃除や片付けも楽になり、とくに水回りは水垢やカビ汚れを防ぐことも期待できるので、積極的に活用したいテクニックだ。

そうした中しらべぇ編集部員がAmazonで出会ったのが、「HEMAUTAG 歯ブラシホルダー」。歯ブラシ歯磨き粉が収納できるホルダーと、歯磨き用のコップ、専用のフックが2個ついてくる。


関連記事:コーヒーぶち撒けられたPC、まさかのノーダメージ その正体が衝撃的すぎる…

■取り付け方法も簡単

歯ブラシホルダー

同商品は、ステンレス、塗料、大理石、ガラスなど、凹凸のない滑らかな壁面であれば使用することが可能。まずは、接着したい部分の汚れを綺麗に拭き取っていく。

歯ブラシホルダー

専用フックの透明フィルムを剥がして、フックの向きに注意しながら貼り付け。12時間ほどすると、しっかりと接着される。

歯ブラシホルダー

その後、ホルダー本体をフックに引っ掛ければ設置完了だ。特別な工具などは一切必要ないので、初心者でもトライしやすい。

■「コップの収納方法」が画期的!

歯ブラシホルダー

そして……最も惹かれるポイントが「コップの収納方法」。同商品は、コップの底とホルダー本体が磁石でくっつく仕組みになっているので、コップを使い終わったら……

歯ブラシホルダー

このように逆さまに吊るして収納することができるぞ。コップ歯ブラシを入れて収納する場合も多いが、そうすると水滴がコップの底にたまり、うっかりするとカビてしまう危険が。

浮かせることでより衛生的に、歯ブラシだけでなく歯磨き粉もまとめてスッキリ収納することができて、これは画期的である…。


■ぶっちゃけ「自分のセンス次第」

しかしながら歯ブラシコップ歯磨き粉などを浮かせて収納する便利グッズとしては、現在では100円ショップにも様々なものが販売されている。

正直なところ、同商品は編集部員が購入した際は税込み約1,500円ほどの価格で、100円ショップ商品を活用した場合と比べると、決してコスパが良いとは言えない。

メリットといえば、スタイリッシュデザインと、これ1つ買えばまとめて片付くので、複数の商品を組み合わせる…という技術やセンスが必要ないこと。編集部員のように、「浮かせて収納してみたいけれど、自分の収納のセンスに自信がない」人におすすめな選択肢と言えそうだ。

・合わせて読みたい→床下収納の斜め上すぎる利用方法がネットで話題 それを見た妻の反応は…

(文/Sirabee 編集部・衣笠 あい

発想がスゴい「歯ブラシ入れ」が発見される これなら全部スッキリだ…