最近はテレワークで自宅作業が増え、仕事のストレスや疲れは減ったという人が多いかもしれない。だが、じつは「隠れ疲労」が蓄積している人も増えているのだという。


画像をもっと見る

■肩こりも「隠れ疲労」のサイン

東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身医師によると、活動量に比例して確実に蓄積する疲労、その積み重なった「隠れ疲労」こそが、知らぬ間に体の不調を引き起こす原因なのだそうだ。

また、慢性化し放置しがちな肩こりや腰痛もまさに「隠れ疲労」のサインらしく、疲労を翌朝まで持ち越さないことが大事らしい。


関連記事:Amazonタイムセール祭り これからの時期に嬉しい入浴剤がお買い得

■疲労が隠れた看板が話題に

そんな隠れ疲労といった言葉を現代人に認知してもらうために、入浴剤ブランドBARTH」(バース)がアンビエント広告を渋谷エリアにて展開。

約22mの巨大広告に収めたのは、6種類の美しい幾何学模様グラフィック。その1つ1つに「つかれ」のひらがな3文字が隠されている。

■Twitterキャンペーンも実施

Twitterでも実際にリアルの広告を見て「つかれ」の文字を探している人を見かけるが、同時にTwitterキャンペーン「隠れた疲れをぶっとBARTH」も開催中。

Twitter上に提示されるビジュアルに隠された『つかれ』を探す「隠レベルチャレンジ」に参加し、見つけた『つかれ』の数を選んでツイートすると、「疲れ匂わせパーカー」と「薬用BARTH中性重炭酸入浴剤(3錠)」のセット、または「薬用BARTH中性重炭酸入浴剤(3錠)」が、抽選で合計1,000名に当たるようだ。


■ちょっと良い入浴剤ゲットにチャレンジ

隠れ疲労

テレワークだとオフィスと違い通勤の時間が無いため、ほぼ座っている状態が続くことが隠れ疲労蓄積の原因になっているのかも。

気になる人は「隠レベルチャレンジ」に参加し、いつもより疲れが取れそうな、ちょっと良い入浴剤ゲットにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→粗品、新ネタでボケを担当するも疲労困憊 せいやに「お前は凄い」と感謝

(取材・文/Sirabee 編集部・熊田熊男

渋谷に突如現れた「隠れた疲れ」を探す看板が話題に 全部見つけられたらスゴい