太平洋戦争始まりの地、アメリカの真珠湾の博物館には現在、「レギュラス」と呼ばれる不思議な形をしたミサイルが展示されています。実は同国の歴史では画期的な兵器だったのですが、とある理由で“迷機”となってしまったのです。

F-84譲りの設計 米海軍初の艦対地ミサイル

太平洋戦争の幕開けとなった「真珠湾攻撃」。この舞台はいま、軍事拠点(太平洋艦隊司令部)であるとともに、「パール・ハーバー航空博物館」を始めとする展示施設も備わります。

展示施設「アリゾナ記念館」の一角に、ネイビーブルーをまとった、飛行機なのかミサイルなのかよくわからない不思議な物体があります。その全長は約10mで、もっとも生産機数の多い飛行機としての記録を持つ「セスナ172」に近く、イメージ的には「よく見る軽飛行機と同程度の大きさ」と考えていただくのが良いのかもしれません。

ただそのルックスは「セスナ」のように平和そうではありません。機首に設けられたターボジェットエンジンのインテイク(空気の取り込み口)に飲み込まれそうで近寄りがたいものがあります。この物体は、アメリカ海軍の「レギュラス」艦対地ミサイル潜水艦など艦船から発射されるミサイル)でヴォート社製です。

実は「レギュラス」、アメリカ海軍初の艦対地ミサイルで、1943(昭和18)年に開発がスタートしました。このミサイルは、ドイツが開発した巡航ミサイルと先駆けとなった飛行爆弾「V-1」の影響を多分に受けているようです。両者を見比べると、たしかに一見飛行機のような主翼を持つ外形や水平尾翼を利用しない操縦方法といった共通点が見られます。

「レギュラス」のエンジンターボジェット「J-33」を搭載し、航続距離は800km、音速に満たない程度のスピード「亜音速」で飛ぶというスペックでした。

実は「レギュラス」の機体設計には、ベースデザインとなった戦闘機が存在します。参考となったのは、アメリカ空軍F-84「サンダージェット」。前方のインテークや後部のエンジン排気口の配置、主翼の後退角といったところは、まさに「コクピットのないF-84」といった見た目となっています。

超斬新なのに「傑作兵器」になれなかったワケ

ただ「レギュラス」は冷戦下の新基軸の兵器としても期待されましたが、同国の歴史のなかで傑作兵器となったかというと、そうとは言い切れないところもあります。というのも、この兵器を運用する上で、大きな課題があったのです。

「レギュラス」を搭載可能な潜水艦は5隻作られました。ただ、「レギュラス」を発射する際には、母艦は一旦浮上しなければなりません。さらに発射した後も、母艦は水上に留まらなければならなかったのです。

実はこの兵器は自律した飛行ができず、発射したあと潜水艦からの電波誘導が必要でした。兵器をコントロールするには、飛行中の兵器から半径400km以内に母艦が留まる必要がありました。これでは母艦は“袋のネズミ”状態だったでしょう。

もちろんアメリカ側もこの課題を認識していたようで、次々に後続モデルデビューさせます。マッハ2で飛行し、航続距離を2000kmまで伸ばし、航法システムにも改修を加えた後継機「レギュラス2」がこれでした。

ただ「レギュラス2」は50基ほどの生産で終わりました。これは、ロケットエンジンを搭載した潜水艦発射弾道ミサイルポラリス」の出現で、そちらにシェアを奪われたためです。

その後のアメリカ海軍は、原子力潜水艦を世界中の海域に派遣して、核攻撃に対する抑止力としています。「レギュラス」はたしかに課題もありましたが、その端緒にある兵器であったことは間違いありません。

アメリカ国内では、パール・ハーバー含め、いまも10機近く「レギュラス」が展示されており、根強い人気が窺えるようです。

パール・ハーバーに展示されている「レギュラス」艦対地ミサイル(乗りものニュース編集部撮影)。