中国高速鉄道の総延長距離は2020年末の時点で約3万8000キロに達し、世界最大の高速鉄道網となっている。多くの中国人が誇りに感じている中国高速鉄道だが、中国人新幹線に乗ってみると「まだ日本に及ばない」と感じることもあるようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、「中国高速鉄道にもあってほしい、新幹線のような配慮やサービス」について指摘する動画を配信した。

 動画では、1964年新幹線を開業させた日本は早くから高速鉄道が発展した国だが、「スタートが早かったからといって、大きな発展を遂げるとは限らない」と主張し、「中国高速鉄道こそ最も営業速度が速く、最も安全な高速鉄道だ」と主張した。

 続けて動画は、高速鉄道の「サービス」では中国高速鉄道より新幹線のほうが優れていると素直に認めた。これは、訪日中国人が実際に新幹線に乗車してみての感想だそうで、「中国高速鉄道新幹線のようなサービスや配慮があれば良いのに」と感じるそうだ。

 たとえば、新幹線には座席に「電源コンセント」があって、パソコンスマートフォンを充電しながら使うことができたり、清潔で広々としたトイレには赤ちゃん用の簡易ベットがあったりと、「乗客に優しい周到な配慮」が随所に見られると称賛し、初めて新幹線を利用した中国人客はその配慮に感嘆するものだと論じた。

 このほか、新幹線には「喫煙ルーム」があることも称賛した。中国高速鉄道は車内全面禁煙なので、途中駅に到着するたびにホームに出て喫煙する人が絶えず、目的の駅に到着するとホームに出たとたん一斉に喫煙を始める乗客たちの姿はよく見られる光景だ。また動画では、新幹線の「駅弁」も安くておいしいと称賛しているが、ハード面では多くの中国人が優位性を感じている中国高速鉄道も「ソフト面では新幹線から学べることがまだまだ多い」と強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国人が「中国高速鉄道も新幹線のようだったら・・・」と思うこと=中国