気になる異性をゲットするためには何が必要なのでしょうか。財力? 顔? それとも……。実は、そんなところではなく、相手が見ているのは意外な部分かもしれませんよ

恋愛 デート
※画像はイメージです(以下同じ)
「やはり“地”は隠せないものだ」と語るのは、家でだらだらゴロゴロしているのが好きで、身だしなみにもまったく気を遣ったことがなかった原田隆司さん(仮名・23 歳)。社会人になって女性に興味を持ちはじめたものの、合コンでとんでもない恥をかいたと言います。

気づいたら合コン当日になっていた

彼女を作ってみたいと思い、職場の同僚男性Mくん(23 歳)に合コンを開いてほしいとお願いしたらアッサリOK。合コンを開いてくれることになりました。一念発起して、服を買ったり、髪の毛を整えたりするつもりだったのですが、仕事から帰ったらゴロゴロしてしまって、気がついたら合コン当日になっていました」

 洗濯が終わった後、畳まず床に放置して山積みになっている服の中からいちばんキレイな服を選んで髪を整え、準備万端のつもりだったという隆司さん。しかし、そのあと親指の先が薄くなった靴下しかないことにハッとします。

「普段は、親指のところが破れたら捨てるという感じだったし、同じような黒の靴下ばかり履いていたので探せば薄くないのもあるかな? なんて思っていたんです。でも、探しても親指のところが薄くなっている靴下しかありませんでした」

靴下の親指部分が破れていた

靴下

 学生時代は靴下が破れていても平気だったそうで、社会人になってからは内勤だったこともあり、靴下のことなんていままで気にもしてこなかったそうです。でも、今日は合コン靴下の親指部分は、かなり気になるところ

「でも時計を見ると、待ち合わせ時間が迫っていました。いま行けば早すぎるぐらいに着いてしまうけど、靴下を買っていると遅刻するかもしれないと思ったんです。そのときは焦っていたし、普段はスーツを売っているようなところで靴下を買っていたので、100均がパッと頭に浮かばなかったんです」

 また、店名が横文字の、いかにもバルっぽい名前だったこともあり、まさか靴を脱いで上がる団体席があるなんて想像もしなかったと言います。靴下を買うのを諦めて店の前に着くと、想像どおりのオシャレなバル。

「絶対に畳の席なんかないだろうし、判断は間違っていなかったと思いました。しかも、みんなより一足早く店の前に着いたおかげで、先に来ていたA美とK子の女性2人組と軽い雑談で盛り上がり、みんながそろうまでのあいだにいい雰囲気になっていたのです。でも、そのあとが地獄でした

合コンを開いてくれた同僚からイタイ一言

身だしなみ

 店内に入ると、靴を脱いで座る掘りごたつタイプの団体用の個室に通されたのです。みるみる青ざめていく隆司さんの表情。さらに、なかなか靴を脱ごうとしない彼に追い打ちをかけたのが、合コンを開いてくれた同僚男性M。

「Mは『どうした? 靴脱げよ。まさか靴下に穴が空いてるとか、ないだろ?』と冗談っぽく言ったのです。でも、まさにそのとおりですから。僕はトイレに行くという苦肉の策でその場をしのぎ、誰にもバレずに靴を脱ぐことに成功。親指部分を少し引っ張って、薄くなっている部分を隠すようにして自分の席に向かいました」

 けれど、歩けばすぐに薄くなった部分が出てきてしまうのです。黒い靴下なので、親指の部分だけが薄くなっていることがあきらかでした。しかも、気になっていたA美にガン見されてしまったのです。

「合コンに身だしなみは大事だぞ~」

「A美には、ものすごく嫌な顔をされてしまったので、ターゲットを変更。試行錯誤して場を盛り上げていると、お酒の力も手伝って、A美も靴下のことはすっかり忘れているような感じで名誉挽回しかかっていたんです。そのときでした。酔っぱらったA美が言ったのです。『靴下の親指、完全に破れてんじゃん!』と

 そのおかげで、全員の視線が集中するハメになったとか。ゲラゲラと大笑いするA美さん。ハッとして自分の靴下を見てみると、いつの間にか片方の親指部分が破れていたのです。そして、これだけでは終わりませんでした。

「靴下の片方は親指部分が破れ、もう片方は親指部分が薄くなっていることが、酔っぱらったMのツボにハマったらしく、『合コンにそんな靴下、履いてくんなよ。身だしなみは大事だぞ~』と、かなりしつこくイジられ、合コンどころではなかったです。さらに翌日以降も職場でMにイジられ、すっかりイジられキャラになってしまいました」

 隆司さんはその後、普段から身だしなみに気をつけるようになったそうですが、職場でのイメージは回復しないままだと言います。「地」が出やすい身だしなみや生活習慣などは、特別なときにだけ取り繕うのではなく、普段から気を配っておきたいものですね。

TEXT/山内良子 イラストカツオ(@TAMATAMA_GOLDEN)>

-[身だしなみにまつわる喜怒哀楽]-

【山内良子】

フリーライター。おいしいものや楽しいこと、旅行が大好き! ライフ系や節約、歴史や日本文化を中心に、取材や経営者向けの記事も執筆。金融会社での勤務経験や接客改善業務での経験を活かした記事も得意です