カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 バーガーキングマクドナルドに対する、「いじり」はこれまで何度かお伝えしてきた。イギリスでは一年中いじりたおしていたことをカミングアウトし、デンマークでは公式SNSに寄せられた顧客クレーム勝手に回答しちゃたりと、好き放題やっていたわけだ。

 そして今年、ドイツでまたバーガーキングのいじりが炸裂中だ。マクドナルドが出店50年を迎えたそうで、わざわざ宣伝カーを用意し、マクドナルド店舗に祝福に出向いたまではいいのだけれど、その文言がシニカルすぎた。

【画像】 宣伝カーを用意し、マクドナルドの50周年を祝う?

 1971年12月4日ドイツミュンヘンマクドナルド1号店がオープンした。今年で出店50年目の節目となる。

 一方バーガーキングはというと、マクドナルドの開業から遅れること5年、1976年に1号店をオープンマクドナルドの方が先輩となる。

 そこでドイツバーガーキングではマクドナルドの50年を祝おうと宣伝カーを用意し、マクドナルド店舗にサプライズ

 それだけ聞けば、ライバル会社ではあるが共に戦ってきた同業者としての熱い友情めいたものを感じるかもしれないが、だがそうじゃなかった。

[もっと知りたい!→]【動画】ドイツのマクドナルドのCMがバーガーキングをあからさまに揶揄していると話題に

 どうしても何か言わずにはいられなかったようだ。

宣伝カーの文面で煽って来るスタイル

 バーガーキングの宣伝カーには、中世の王様と宮廷道化師ピエロ)を描いた芸術作品が描かれており、その横にはこんな文言が書かれている。

2_e

全ての王様には道化師が必要。ドイツマクドナルド、50周年おめでとう

 50周年おめでとうとは書いてあるものの、バーガーキングイメージキャラクターは王様である。一方マクドナルドドナルドピエロだ。王(バーガーキング)に仕えるピエロマクドナルド)という揶揄である。

 この宣伝カーをミュンヘンマクドナルド第1号店の前でゆっくりと走らせ、更に同じ文言で絵だけ変えた15タイプの広告を書いた宣伝カーをミュンヘンの街中に走らせた。

バーガーキング側は「愛情の裏返し」とコメント

 バーガーキングマクドナルドをいじってくるのは今に始まったことではないが、ドイツでは10年前から、CMでがっつりいじっていた。

 今回のいじりに対して、バーガーキングドイツのマーケティングディレクタークラウス・シュメイン氏は、ユーモアたっぷりにコメントしている。

こうした「いじり」は、全て愛情の裏返しです。

結局のところ、最近のパンデミックを含め、2社は共に困難な時期を一緒に乗り越えてきました。

中世の時代、全ての王が宮廷道化師を抱えていたように、王は道化師なしではいられず、また逆も然り、と言ったところでしょう。

50年前のドイツにおけるマクドナルドの革命は、このようにして美食への道を切り開いてきたのです。

ドイツマクドナルドが50周年を迎えたことへの祝福と共に、今後も最善を尽くすことを願っております!
3_e

 また、この広告を手掛けた代理店「INGO」は次のように述べている。

誰しも、50歳を迎えるのは一生に一度きりです。

バーガーキングが私たちのサポートを受けて、このようにマクドナルドの50周年の祝福の機会を逃さなかったことをとても嬉しく思います。

少なくとも、この作品を見たライバル社同士が、少しでも満足してくれることを願っています。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

バーガーキングがまたしてもマクドナルドいじり。宣伝カーを出動させ50周年を祝ったり皮肉ったり