「いますぐやめて帰れ」と唾をかけられる、「相手の痛みを知る」ためスタンガンを撃たれ痛がるとクビ… 専業主婦だった高卒シングルマザーがロサンゼルスでポリスになったワケ から続く

 犯罪発生件数が多いロサンゼルス(LA)で警察官(ポリス)として働く日本人女性・YURI(永田有理)さん。ブロードウェイで活躍するダンサーになりたいと思っていた彼女が、過酷な訓練を経てLAで34歳でポリスになるまでを前編では語った。

 YURIさんは、ソーシャルメディアを活用してロサンゼルスの犯罪や安全についての情報を日本語で発信している。情報発信をする目的や今後の夢について聞いた。(全2回の2回目。前編を読む)

◆◆◆

SNSで情報発信を始めることに

──InstagramYouTubeなどで積極的に情報発信されています。なぜ日本語で始めたのですか?

YURI 日系コミュニティーに恩返ししたいという思いがあったからです。

 警察官としては、5年目までは一人前ではありません。5年経ったら、日本語を話せる警察官として、日本人を対象にした犯罪の予防や注意喚起に少しでも役立ちたいとずっと思っていました。

 LAには多くの日本人が住んでいますが、専業主婦だった時に、虐待されても黙って耐えている日本人妻をたくさん見てきました。英語ができないので警察に行くこともできず、働いていないので子どもと耐えるしかない。そんな人たちの相談に乗ったり、お役に立つことができたりするのではないかと、Instagramアカウントをつくって情報発信し始めました。

 何か伝えたいことがあるというよりは、「私がここにいるよ」「身近な交番だと思って何でも相談してね」ということを発信したかったという思いです。

日本とLAの警察の違い

──Instagramのフォロワー数1.8万、YouTubeの登録者数も1.7万人を超え、YURIさんの発信が大きな影響を持つようになってきています。ご自身ではどのようにご覧になっていますか。

YURI 私のフォロワーは日本の現役警察官がすごく多くて、日本全国すべての都道府県に最低数人ずつフォロワーがいるような状態です。私はコミュニケーションを取るのが好きなので、ポストにいただいたコメントに関しては時間がある限り返信するようにしているのですが、警察のあり方や警察組織の問題点というようなトピックで日本の警察官達と話し合う機会ができて、とても勉強になりますし、お互い警察官として向上し合えたらと思っています。

──日本とLAとではポリスのあり方はどう違うと思われますか?

YURI いちばんの違いは、日本の警察官には「勤務時間」があるところでしょうか。日本では出勤してから制服を着て銃を受け取り、仕事が終わったら全部返却して私服に着替えて帰りますよね。でもロサンゼルスではポリスは24時間ポリスなんです。

 警察学校(ポリスアカデミー)では「ポリスはキャリアや仕事ではなく人生だ。そういう生き方をする覚悟のないやつはいますぐやめろ」と毎日言われていました。

 仕事で使う制服も銃もすべて家にあって、個人の管理にまかされています。私は銃を3丁持っていますが、たとえ非番であっても自分は常にポリスだというマインセットなので、必ず最低1丁は持ち歩いています。

もっと危機管理力を持ってほしい

──日本の警察に足りないものは何だと思われますか?

YURI アメリカが正しいとは思いませんが、日本の警察官には武器が足りないと思います。日本の警察官のみなさんは必死で頑張っておられますが、日本でも外国人の犯罪が増えているので、それにあった対応に今後変えていく必要はあるのではないでしょうか。

 例えば、ナイフを所持した犯人の逮捕をする際に、ゴム弾などがあれば警察官自身の安全を確保した上で犯人逮捕をすることができます。逆に、現状ままですと、例え相手がナイフを持っていようと警察官が至近距離まで行かなくては逮捕することが難しいですから、警察官の命に関わる問題なのです。ロサンゼルスでは、至近距離にいた女性警察官が、麻薬中毒者の針で刺されエイズ感染するという事件も起こっています。距離を保つというのは非常に大切な事なのです。

 これは警察官に限ったことではありませんが、一般の方に向けても、日本人には危機意識の低い方が多いので、もっと危機管理力を持ってほしいということは、今後も強く発信していきたいです。

人身売買の撲滅と被害者サポートするNPOを立ち上げる

──発信に力を入れることでどのような効果を期待しておられますか?

YURI いちばんの目的はLAにいる日系コミュニティーのお役にたつこと。そしてもうひとつは、私のライフワークである人身売買根絶活動のネットワークを広げることです。

 人身売買問題は、子どもの頃母から聞いて興味を持つようになったのですが、ポリスになって人身売買の被害者になった子どもたちと実際に接するなかで、この犯罪の根深さを知りました。3~4歳で誘拐され、鎖に繋がれたままポルノビデオを見せ続けられて性奴隷になる子どもたちが、今もどこかで苦しんでいると思うと、夜も眠れません。そういう子どもたちが救われるように今日私は何をやったんだろう、明日は何ができるんだろうと、毎日考えています。

 10月には、カリフォルニア州の認可を受け、「ラブ・スペクトラム」という人身売買の撲滅と、被害者サポートするNPOも立ち上げました。将来的には施設もつくりたいので、思いに共感してくれる仲間を増やすために、もっと発信も強化していきたいと思っています。

「日本にないはずがない」くらいの意識を

──「ラブ・スペクトラム」の立ち上げに関しては、若者からの反響も大きかったそうですね。日本は安全で、人身売買など無関係と考えている人も多いのではと思いますが、YURIさんの発信が人々に響いていると感じますか?

YURI 人身売買は犯罪規模が大きく根深いので、私一人が声をあげたところで何も変わらないかもしれません。でも、私の動画を見て人身売買問題について興味を持ち調べたという方や、何かしたいと言ってくれる方がたくさんいたのは嬉しかったです。今後は、こうした声が無駄にならないよう、少しでも結果を出していきたいです。

 日本には人身売買はないと思っている方が多いかもしれませんが、日本でも誘拐や失踪事件は起こっていますよね。人身売買は麻薬と並ぶ世界トップの犯罪ビジネスなので、「日本にないはずがない」くらいの意識を持つ方が増えれば、この問題も少しは進展するのかなと思います。

NPOの活動にも力を入れつつ、本業のポリスも全力で

──書籍も出版されるそうですね。ますますお忙しくなりそうです。

YURI 来年1月3日に、私のこれまでの人生をまとめた書籍を出版する予定です。全部自分の言葉で書いているので日本語が不完全ですが、それが私らしくていいかなと。1月3日は父の誕生日なので、喜んでもらえたら嬉しいですね。パパっ子なんですよ、私。

 今もどこかで苦しんでいる子どもや、困っている人がいることを考えたら、寝ている暇なんてありません。「死んだらいくらでも寝る時間はある」と思って、この先5年間は、寝ないでがんばります。本も書くし、SNSでの発信もどんどんしていくし、NPOの活動にも力を入れつつ、本業のポリスも全力でやっていきます。白髪はさらに増えそうですが、まあいいかな、白髪くらい(笑)

YURIさんのInstagram: @1114lajpn
YouTube: 「警察官ゆりのアメリカ生活」

(相澤 洋美)

「いちばんの違いは、日本の警察官には『勤務時間』があるところ」と話すYURIさん。(写真:YURIさん提供)