日本でここしばらくホットな「移民受け入れ可否」論争。

 噛み合わない言い争いが延々と続くのはともかくとして、ドイツ人の私がどうしても気になるのが「ドイツの失敗を見ろ」という物言いです。

 ドイツを妙に理想化するタイプのリベラル系識者と、その裏返しに「ドイツの善=偽善」という観点からすべてを説明し尽くそうと図るタイプの保守系識者との間での極論バトル。ここから生じるのは「結論」ではなく「決めつけ」でしかない。

 そもそも移民難民というテーマが「言説強化のためのネタ」に成り果てており、ドイツでの実績や教訓についても、自陣営にとって都合の良い部分だけをピックアップし、針小棒大に膨らましてアジテーションするだけ、という状況が半ば固定化しています。

 あの論争の延長上に何かまともなものが生じるようには思えませんが、それはそうと、移民流入・定着後にドイツ人が本当に「移民の受け入れは失敗だった」と思っているのかどうかは、意外と検証されていません。

「アイデンティティが危機!」という反発はドイツにもある

 受け入れてみて実際ヤバかったのかそれとも案外いけたのか。そのへん単なる主観的一例っていう前提でいいからインサイダー的見解を教えて欲しい、と文春オンライン編集氏に言われ、確かにこの観点でのドイツ自己分析は日本であまり見ないし、コロナ直前までドイツと日本を行ったり来たり二重生活していたからあっちの実感もわかるし、それなりに言及する意味もありそう。

……というのが今回記事の趣旨で、以下つらつら単なるリアル本音を書きます。数値にもとづく分析というより、生活上での実感・空気感の話です。

 なお、ことさらインテリぶるわけじゃないけど、本稿がいくぶん「教養層」っぽいバイアス含みでの情報解釈・見解であることはご承知おきください。その上での「率直本音開陳」であり、他のベクトルの率直本音も当然あるだろうという認識です。

 まず、ドイツでも今の日本と同様、移民や難民の受け入れ拡大期に「社会文化のアイデンティティが危機に!」とか声高になる“識者”の方々はけっこう居ます。彼ら彼女らはいっとき注目されるけど、状況の進行とともにその影響力や存在感は低下し、最終的には固定客相手の活動に落ち着きます。

 このタイプの人たちは常に脳内でファイティングポーズをとりながら何かに対する防衛戦を展開している雰囲気があります。無限防衛戦おじさん・おばさんというか。

 そしていざ移民・難民の受け入れ拡大を行うと、2015年のケルンの大晦日事件みたいなことはどうしても起きます。そこで「ほらやっぱり! 言わんこっちゃない!」という話になって、世界がザワつきます。

 で、そのへんまでは積極的かつ大々的に報道されるのですが、報道されない(退屈な)そのあとの展開も何気に重要です。確かに移民系犯罪は散発するけれど、全体的には地味に落ち着いていくからです。

 なぜかといえば、生活圏で接触する移民・難民系の人たちの多くが、なんだかんだいってそれなりの常識感覚と礼儀をわきまえた存在であることが次第に実感されるからです。重犯罪を犯す一部の者たちの印象を、まっとうな大多数の人たちの印象が上書きしていく感じですね。

 もちろん実際に移民系犯罪に巻き込まれたり、運悪くバッドマナーな隣人として移民難民に遭遇してしまった人たちは「そんなの納得できるか!」と感じるわけで、それはそれで人間心理として当然ですけど、世間の大多数の受け止め方は「やっぱり移民政策は良くない!」というよりも、「ハズレに当たっちゃったんだね……」的な感じになります。「慣れ」のもたらす一般的趨勢なのかもしれません。

ドイツ人は「損得」を大事にする

 総合的にいうと「確かに不安要素はあれこれ恒常的に存在するけど、次第にまあそれなりの許容範囲に収まるし、移民側もドイツの習慣にうまく染まる人が多いし、そのへんで居心地よさのバランスが取れるっぽいから、ま、いいんじゃないですか」というのが、ドイツ人たちの平均的なインプレッションだと思われます。何より、移民系の皆様のおかげで国内産業が回っている、という認識もありますし。

 そんなわけでドイツ社会全体として、さまざまなメリット・デメリットを総計・勘案した結果(そう、ドイツ人はミクロ的にもマクロ的にも「損得」の尺度にこだわる……)、「移民政策はおおむね成功だった」という評価でいちおう落ち着いているように見えます。また、その上でたとえばメルケル個人をああだこうだとディスるのがドイツ的なインテリしぐさだったり。

日本で言うと、たとえば入管

 とはいえ、特に異文化ルーツの移民たちの「定着」については、大多数の安寧のためのしわ寄せが特定の「焦点」に蓄積しているように感じられるのが気になります。たとえばイスラム系住民の、特に不満層の間でしばしば発生する「名誉殺人」などへの対応について。

「名誉殺人」とは、婚前性交渉をした女性や同性愛者の男性を、「一家の名誉を守るために」親族が殺害することです。私は実際にキール市での裁判を傍聴したことがあるのですが、事件そのものの理不尽さや被告の「文化性の確信犯的な悪用」ぶり以上に、担当者――つまり、裁判官、検事、法廷通訳者、法廷警察――たちの間に隠しようもなく漂う倦怠感と消耗感が印象的でした。

 イスラム教文化の尊重と法律の間でなんとか納得できる落とし所を見つけようとして、マジメに取り組もうとする人ほど神経の削られっぷりが凄いぞコレは、という……。

 しかもなんというか、特に問題の「負」の側面で矢面に立っている人たちのストレスは、優先度が高い問題としてあまり認識されていない気が。でもそういったアレコレの蓄積が、既存の理性的文脈では対応できない課題となり、いずれ思わぬ形で社会を侵蝕するかもしれない、という感触がありました。

 日本でこれに似た情景は、たとえば入管職員の雰囲気ですね。収容者に対する姿勢の問題などで何かと槍玉にあげられがちな(実際、問題はあるのだろうと思う)彼らですが、彼らも彼らで窓口業務で何かと超ストレスフルな事態に日々延々と直面し続けているわけです。

 疲弊を隠せない表情で真面目に業務しているのを(そして彼らを襲うストレス事象をも)実際に間近で見てしまうと、単なる勧善懲悪的な尺度では割り切れない、もっと深く汲み取るべき「闇」や「心の限界」がここに存在するように感じます。

 さて、「ドイツの実績を踏まえて、日本は移民政策をとるべきか?」と訊かれた場合、まっとうな形で応えるのはなかなか難しい。というのも冒頭でも述べたように、日本国内では、移民受け入れというテーマがまともな議論として成立していません。そんな文脈には、どう頑張って頭を突っ込んでもロクなことがありません。

 日本の移民問題を語る上で、というかそれに限らずですが、他国の経験は思考の材料ではなく、恣意的に使用されるドーピング薬みたいなものに過ぎません。まずはこの言論状況とその常態化をなんとかしないと、移民政策を推進するにしても止めるにしても、社会的な「成功」はありえないと思います。

ドイツのボランティアたちの「図々しさ」

 以上のあれこれを踏まえて、敢えて「移民到来となった場合」に活かせるドイツ的な経験は何かしらありますか? という興味のために、ひとつ思い当たる点を述べたいと思います。

 たとえば、ボランティアの「動機」です。

 日本で移民・難民の生活サポートボランティアを募集すると、いわゆる「善なる」使命感に満ちた、性善説ベースの人が多く集まりそうな気がします。ドイツでもその傾向が無いわけではないのですが、実際には違いがあります。それは、ドイツのボランティア参加者たちの動機のほうが、「単なる知的好奇心」の度合が微妙に高いあたりに表れます。

 その性質のため、移民に対する「性善説」的な前提もやや薄く、ボランティアが「守護者」であると同時に、なんというか「監視者」的な側面を有してしまう印象があります。

 このへん、ドイツ人特有の(つまり、フランス人やイギリス人が眉をしかめる)図々しさが遺憾なく発揮される局面ですが、それが意図せざる形で犯罪抑止の一助となっている感じですね。

 なんかそれって、ボランティア精神的な崇高感にいささか欠ける気がしなくもないですけど、移民・難民サイドから見ても、妙な同情心を押し付けられるよりは単なる好奇心をぶつけられる方がむしろ付き合いやすい相手になったりすることも多いので(私の親類での実績アリ)、何が幸いするかわからないものだなと思います。

「大阪のおばちゃん」的な行動様式の有効性

 好奇心にもとづく無意識的な観察というのは、支援施設だけでなく市井での生活でもけっこうあります。ドイツ人は他の欧州諸国民に比べて不愛想だとよく言われますが、挨拶はしなくても隣人観察はしてるんですよねバッチリと。それこそゴミの分別の不備とか(笑)。

 そしてルールと違う分別をしている人を見つけると、「ゴミはねぇ、こういうルールで捨てるの。こう、で、こう! わかった? わかったら返事なさい!」とか、めんどくさがらず面と向かってズビッと言ってのける率がかなり高いのです。

 その姿勢は相手が難民だろうがビル・ゲイツだろうが誰だろうが変わりません。しかも、相手がドイツ語を話せるかどうかは完全に二の次だったり。そして実際、そのメンタリティもまた移民・難民の社会定着と安定化に寄与しているように思われます。

 日本でいえば「大阪のおばちゃん」的な行動様式でしょうか。そんなこともあって私は大阪人の実質重視・遠慮レスなコミュニケーション能力に常々敬意を抱いているのですが、いずれにせよ、「その場で不満を感じつつ何も言わず、あとでネットで陰口を叩く」ような流儀では誰もハッピーになりません。ここにはいろいろ考えさせられる材料があります。

 どうも、日本の「移民流入反対」マインドの中には「どう挨拶していいかよくわからない隣人」にはできるかぎり来てほしくない、という皮膚感覚的な消極性があるように見受けられ、もしそこをそれなりにクリアできれば、状況を変化させられるのかもしれないと思ったりします。

「嫌悪感や不安感を好奇心で上回れ! そして、現場であけすけにものを言おう!」という姿勢の継続こそ重要、という感じでしょうか。

 ……などと記事結末をまとめようとしながらニュースショー番組を見ていたら、おや? と気になる点が出てきました。

 日本の報道は、「移民」と「難民」をけっこうごちゃ混ぜに扱っている……。

 これ、日本人から見ると「まあ共通性もあるし、そんなに厳密にこだわりすぎなくてもいいんじゃない?」的に言われかねない部分ですが、存外、そうでもありません。

 そのへんをベースに述べるべきことをいろいろ思いついたり思い出してしまったので、えー、後篇に続きます。そっちはあまり「実感」「空気感」ベースの話ではなくなりそうです。

どうせディスるならちゃんとディスって… ドイツ人が「言われたら本当に謝るしかない」ツボとは へ続く

(マライ・メントライン/Webオリジナル(特集班))

マライ・メントラインさん