《移民受け入れ是か非か》ドイツ人の私がどうしても気になる「ドイツの失敗を見ろ」問題 社会の評価は「おおむね成功」、勝因は“大阪のおばちゃん的”行動様式? から続く

 前回記事エンディング手前で急転直下な事態が勃発して「次号に続く!」という、『東京リベンジャーズアニメ第1期最終回みたいな展開でした。

 というわけで「移民と難民の違い」です。いやぁそれは字を見りゃわかるよ、移民は平常時の移住者で、難民は緊急避難的な……と思われるでしょうけど、特に「移民」という語にどういうイメージを持つか、日本とドイツでは大きな差があります。

 そのへんを踏まえておかないと、ドイツをまっとうに称賛も非難もできないように思うのです。

 最近のドイツ人にとって「移民」といえば、まずはEU内での移住で発生する欧州系住民のイメージです。実際、ドイツへの移民・移住者の国籍を調べると、だいたいEU民なんですね。要するにもともと生活文化的に共通性の多い人たちで、ゆえに「移民」というキーワードだけで論争勃発! となることもほとんどない。

 対して「難民」は、主に中東などから政治的な問題がらみでドイツへやってきた人々のことです。そして日本では、移民も難民もこちらのグループイメージだけで括られがちで、たとえば報道コンテンツでも「移民問題」というタイトルで「難民問題」だけが語られて終わり、という事例が目立ちます。

ひとり勝ちするドイツ特有の「移民問題」

 ただ実はこの「EU内移民」の方も、だからドイツは難民はともかく移民については全く問題なくてオッケーなんですよという話では全然なくて、EUでの「ドイツ中心」の労働カースト形成、というあまり報道されていないけど地味にイヤな問題に直結しています。

 ありていにいえば、「EU内のひとり勝ち強国」ドイツが、流動的労働者の中の質の高い層をまるっと吸い上げてしまいがちで、それゆえドイツを頂点に移住労働者の「松竹梅」的な序列が決まってしまう、的な状況が周辺諸国からさりげない反感を買っている。

 でもドイツ人の多くはこの構造を問題視せず、「俺たちうまくやってて超オッケー!」と認識している。

 そのドイツですら本当の最上位層労働者をアメリカ西海岸に奪われているわけで、他国に配慮しろというのも確かに難しいところではあるけど、無神経にドヤるのはやっぱり違うだろというか……。

 このへん、ドイツはEUの盟主というポジションにありながら、求心力を自ら削ぐような振る舞いが何気に多いのが気になります。

 要するに「移民問題」というのは、生活習慣が極度に異なる人が押し寄せてきて揉めごとや事件が起きる、というだけではない。産業の大構造や戦略のしわ寄せが社会のどこかに見えにくい形で溜まったり、他国との競合で負け組になることだったりする可能性もあるから、広い視野で注意しないといろいろヤバいんですよという話です。

 そして、皆様ご存知のドイツ政治史上の大問題。

 戦後復興のためにトルコギリシャイタリアから人材を「ガストアルバイター(客人労働者)」という名で呼び寄せて、ドイツ人は彼らが母国に帰ってくれると勝手に思っていたところ、ドイツで生活基盤を築いた人々がそうそう帰国するわけもなく、居住し続けたことから生じた各種の難題。

 社会的偏見や、閉鎖コミュニティ化による隔絶、子孫世代の「母国語もドイツ語も充分に話せない」社会不適応などなどの諸問題。これはもう、巷間言われている通り、人間的な現実を無視したドイツの政策による「深い不義理」が原因です。

 が……、個人的には事象そのもの以上に、ドイツがそれを意図的に無視しつづけてきたことこそ、真に問題視すべき重点だろうと思います。

 1980~90年代ごろには、たとえば「移民系コミュニティが社会に適応できていないことを認めたら、彼らを社会不適応者として差別するムーヴの拡大につながる」ゆえに「不適応問題はそもそも存在しないことにしておくのが正義であり理性!」みたいな、ものすごい間違った「清潔論理」がまかり通っていたんですね。

 あってはならない問題はあってはならないゆえに存在しない、という。これぞインテリ系の偽善以外の何物でもない。そのため、ナチ時代におけるホロコースト認識と同じく「世間でみんな知っていたけど、知らないことになっていた」状態となり、現実的な対応がひたすら先延ばしにされたのです。この点についてドイツ人がようやく現実を直視しながら動き出したのは2000年代以降です。

どうせドイツディスるなら…

 私は「ドイツ下げ」系の論者に言いたい。

 だからどうせドイツディスるなら、坊主憎けりゃ袈裟まで的に何でもかんでもディスるのではなく、この「清潔論理」のような真に討つべきツボをちゃんと突いてくれ。でないと、アンチドイツ教の固定客以外には逆効果だ!

 …と。

 この教訓から何が言えるのか。それはおそらく、現実を無視した「~であるべき」的な是非論の膨張はよくないということです。

 日本の場合、技能実習生受け入れという政策によってもう実質的に移民問題に直面するようになったわけで、ここで「見て見ぬふり」をすれば、まさにそれこそ「ドイツの失敗」を繰り返すことになります。

 だからこそ移民ヘイトの問題にしても移民系犯罪の問題にしても、「~かもしれない」的な仮定を膨らませて思想補強のためにいじり回すのではなく、社会機能をよりマシな状態で安定稼働させるには実際どうしたらいいのか、という観点で考えたほうがいいように思います。

 日本にはすでに外国人コミュニティがいくつか存在し、そのいくつかは日本社会から“浮いた”存在になっています。そしてエリア自治体が様々なアプローチコミュニティとの連携を図ろうと四苦八苦している。そういう「リアル」の状況を知り、考え、是々非々的に評価しながら状況改善を目指すような展開が広まらないと、今後やってくるであろう移民拡大の、というか「人材の広域流動」時代への対応は無理でしょう。

 そういう面でドイツのこまごました具体例が参考として役に立つのであればよいのですが、今のままだと現実の面倒ごとをすべてNPOや地方自治体が背負い、得をするのは彼ら彼女らを安く雇える企業だけ、というイメージがけっこう明確に見えてしまっていて、怖い。

 あと最後に象徴的な話を。

 戦後、ドイツに流入した最初の難民は「ドイツ人」なんですね。敗戦で失われた東方のドイツ旧領土からの脱出民たちです。日本でいえば満州からの引き揚げ者に近いでしょうか。

 ダンツィヒ(現グダニスク)から逃げてきた私の母方の祖先もそのグループの一員で、彼らに対する「本土」ドイツ人たちの冷遇ぶりは(敗戦直後の生活困難という要素を踏まえても)かなりひどいものだったそうです。

 そして彼らの生き残り(もう少ないけど)やその心情を受け継いだ家族たちの間は、2015年以降の「あの」難民たちに対して否定的なムードが強かったそうです。「私たちは何もしてもらえなかった。迫害すらされたのに、ドイツ人でもない彼らが親切に面倒を見てもらったり、お金を貰ったりする。何故?」という。

 これは旧オストプロイセン難民層だけでなく、ドイツ統一後、不当にも「負け組」の烙印を押されがちになった旧東独エリアの住民にも共通する心情です。

氷河期世代にも似た「見捨てられ感覚」

 移民・難民の受け入れについて「おおむね成功だった」と思っているドイツ人の中で、頑強な抵抗を続ける人たちの奥底にある「でも自分たちは社会に救われず、無視され、忘れられた」感。それは日本でいうと、たとえば就職氷河期の「失われた世代」とか、「ゆとり世代」とかラベリングされてしまうグループの共通感情に近いかもしれません。

 移民・難民は、意図的にアゲてもサゲても先住民の誰かの怨嗟の、それも解決困難な過去のしがらみに発する怨嗟の対象になりがちです。だからこそ、ポピュリズム時代において、本来からズレた文脈で戦略的にネタ活用されやすいのだろうと思います。

 そして移民・難民を混同しがちな日本的言論は、この面でもかなり大きな危険性を孕むといえるでしょう。だからこそ、もし「産業構造の維持のために移民受け入れ必須」という現実的要件が存在するならば、まずは余計な脇道に逸れず、そのための目的合理性を突き詰めた道筋をつくってみてから「是非」や「好き嫌い」を論じないと、様々な意味で本末転倒になるだろうと思うのです。

 途中で感情に溺れてしまうと、なんにせよ、狡猾な視点を持った誰かに利用されて不本意な形で終わるしかないわけで。

(マライ・メントライン/Webオリジナル(特集班))

マライ・メントラインさん