プレミアリーグ第15節、敵地でのエヴァートンに2-1で敗れたアーセナル

冨安健洋バランスを崩した相手DFベン・ゴッドフリーから顔面を踏みつけられるシーンが物議を醸している。

そのシーンはVARで確認されたが、何の処分もなかった。それでも、ギャリー・ネヴィルは「プロとして、彼がわざとやったのは100パーセント間違いない」と断罪している。

【動画】冨安も絶望…アーセナル衝撃の失点シーン

Sky Sports』によれば、プレミアリーグの元審判ダーモット・ギャラガー氏は、この判定についてこう解説していたそう。

ダーモット・ギャラガー(元プレミアリーグ審判)

「私的にはノーだが、多くの人はイエス(退場)だろう。

昨夜から今朝までに多くの人と話したが、様々な感情が入り混じっている。

私がノーと言う理由は、疑う要素があるからだ。踏みつけの状況は本人にしか分からないと私は常に考えてきた。

映像を見ると、あのタックルは見栄えがよくない。

彼の足は振り下ろされているが、足はどこかの時点で着地しなければならない。

弁護するなら、彼は目をそらしている。

わざと目をそらしていると言う人もいるだろうが、彼は目をそらしており、私はそれに少し迷わされる。

フェリーの観点から見ると、マイクディーン主審があのタックルを見ていないのは明らかだ。

もし、見ていれば、頭部の怪我になりうるので、試合を止めだだろうからね。

ディーンが見てないと仮定すると、試合は続行されており、VARの担当審判だったスチュアート・アットウェルが確認することになる」
「彼はじっくりと長い時間をかけて検討し、確信できないという私と同じ見解に至ったと思う。

したがって、彼はクリア(無罪放免)にしなければならなかった。

残念ながら、レッドカードの他には何もないからね。レッドカードになるか、なにもなしかだ。

イエローカードフリーキックになる規定は存在しないので、アットウェルはそこに座っていた(介入しなかった)。

彼は主審にピッチ上のモニターで確認するように指示することができたか。

もし、主審をモニターに行かせれば、主審に(ファウル)寄りだと指し示すことになる。

ディーンモニターに行かされて、映像を見たら、アットウェルがレッドカードだと信じさせるように導くことになる可能性がある。

だから、彼はそれがレッドカードだと思わない場合、クリアにして、何もないことにする。

このプロセスで残念な点は中間点が存在しないことだ」
冨安への顔面踏みつけにVARが介入しない理由 プレミア元審判が解説