イメージ画像

画像はイメージ

そろそろ冬のボーナスが気になる時期だ。キャリコネニュースでは読者アンケートを実施。大阪府の40代前半の男性は、テレワーク後の査定にすっきり納得とはいかない様子だ。

「変わらなかった。今年は在宅勤務が増えたので成果をアピールするのが難しく、ボーナスに反映されなかった。業務は変わらずあるにもかかわらず」(建築・土木技術職/正社員/年収700万円)

※キャリコネニュースでは「冬のボーナス」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/4EY5VK2Q

コロナで激減した設備投資が世界的に戻りつつある」

神奈川県在住、30代前半でエンジニアの男性は「平均支給額が85万円で昨年より10~20%増えたが、例年通りに戻った感じ」と明かす。男性は

「東証一部の工作機械メーカーに勤務しているが、コロナで激減した設備投資が世界的に戻りつつあり、前年度比ではどこの地域も契約、売上ともに上昇している。そのため、例年通りの賞与となっていると思う」

と業界の好調ぶりを語るも「ただし、特に多いとは感じていないため、今まで通りの使い方で生活費に補填する」と続け、気を緩めてはいないようだ。

兵庫県の50代前半女性も、100万円近いボーナスを支給されているが、さほど満足はしていない。

「97万くらいで、昨年と変わらないくらいです。業績が昨年とほぼ同じなんで、横ばいのようですね。例年なら少し上がるのですが。 住宅ローンを返して、古くなった家電を順番に買い換えたら、あまり残りませんね」(設備・交通・運輸/正社員/年収550万円

と浮かれることなく冷静に語った。

中には、「前年と同じ2.5か月分だった」という愛知県の30代後半男性から、こんな回答もあった。

「明細書の中に社長から手紙があり、君たちの査定は1.5か月分が妥当だが、私の温情で2.5か月分出したという内容の手紙が入っていた」(設備・交通・運輸/正社員/年収700万円)

冬のボーナス「私の温情で2.5ヶ月分にした」 社長からの手紙に困惑