2021年(1月~11月)、日刊SPA!で反響の大きかった記事ベスト10を発表。高額な商品を買うときの参考になった「家電・趣味」部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年2月13日、価格等は取材時)。
 *  *  *

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

ダイソン以外のスティック掃除機も充実

 前回は2台目以降にオススメな「小型テレビ」を紹介しました。今回は、掃除機の中でも特に人気の高い「スティック掃除機」をテーマに、私が「買いたい&絶対買わない機種」をそれぞれお伝えしていきたいと思います。

 スティック掃除機の中でも圧倒的な人気を誇るのが、皆さんがよくご存じのダイソンの商品です。あくまでも私の私見ですが、スティック掃除機を目当てに家電量販店に足を運んでくださるお客さまは「ダイソンの○○がほしい」と決めている方がほとんど。正直、スティック掃除機は接客が必要ないことが多いです。

 しかし、近年は日本のメーカーも進化をしていて、自信を持ってオススメできる商品が増えてきました。そこで、今回はダイソン以外のスティック掃除機の中から、初めて購入するのにピッタリな3万円以上のモデルセレクトしています。

◆吸引力と静音性に強み

 1位は日立のパワーブーストサイクロンPV-BH900H」です。実勢価格は4万2000円前後と、スティック掃除機の中では高価な部類ですが、日立は昔からモーターの技術が優秀。

 本製品もその技術がしっかりと活かされており、パワフルで吸引力がありながら、静音性にも優れています。重量が約1.9kgと、比較的軽量なのも強みです。

 また、押すときだけではなく、引くときもちゃんと吸ってくれる「パワフル スマートヘッド」を搭載しているのもポイント

 ごみの取り残しを減らしてくれますし、ヘッド部分にLEDライトが搭載されており、暗い場所の掃除がしやすいのも地味ながら好印象です。

◆圧倒的な軽量&コンパクト

 商品の価格はもちろん、重量をさらに抑えたい人にご紹介したいのが、シャープのRACTIVE AirEC-AR5」です。

 実勢価格は3万5000円ほどですが、特筆すべきはその重さ。軽量高効率モータードライカーボンパイプを採用しており、約1.2kgという驚きの軽さを実現しています。

 徹底的な軽量化とコンパクト化が図られていますが、新開発の軽量高効率モーターを搭載したことで、吸引力も問題ありません。

 この軽さに慣れてしまうと、ほかのメーカーの商品はなかなか手を出しにくいと思います。

ダイソン以外にもある「実力派の海外勢」

 最後に紹介する商品には、ダイソンと同じく海外メーカーの中から選んでみました。皆さんは、「Sharkシャーク」という名を聞いたことはありますか? アメリカに本社を置く電機メーカーで、日本法人が「シャークニンジャ」というユニークな会社です。

 ’18年に日本上陸を果たしたので、ダイソンと比べると知名度は低いですが、クリーナーは有名。その中でも、日本専用に開発されたマルチフロア対応コードレススティック掃除機EVOPOWER SYSTEMCS401J」がいいですね。実勢価格は4万2000円ほど。重量は約1.9kgと、扱いやすいサイズになっています。

 海外メーカーなだけあって、パワフルで吸引力は折り紙付き。新開発の「ブラシレスパワーフィン」で一度により多くのごみを取り除くことができ、髪がからみにくいのも利点かと思います。

 また、ワンタッチゴミ捨てで手を汚さなくていい点と、ダブルバッテリーで駆動時間をあまり気にしなくていい点もうれしいです。

オシャレなものの、重くて高い

 一方で、あまりオススメできない海外メーカーモデルもあります。それがスウェーデンに本社を置くエレクトロラックスのPure Q9「PQ92-3BWF」です。

 インテリアとの調和を目指したデザインは、確かにとてもオシャレですが、実勢価格は5万5000円と、スティッククリーナーの中では高価です。

 それでも見た目重視な人にはいいかもしれませんが、重量が2.9kgととにかく重たいのはネックダストカップなどが下にあり、ますます動かしにくくなっているのもマイナスポイントです。吸引力や静音性は優れているだけに、もったいないといった印象があります。

◆重量感は購入前に必ず確認

 家電量販店で重量を確認してもらえれば、わずかな差でも、どれほど違うかわかってもらえると思います。

 また、展示されているものは動かない商品もありますが、店員にお願いすれば起動チェックができる可能性もあります。

 吸引力や静音性を確認しておくことも大事なので、スティッククリーナーを購入する際はぜひ家電量販店でお試しください。

◆〈家電販売員が本当に買っているスティック掃除機BEST3〉

▼1位 日立のパワーブーストサイクロン「PV-BH900H」 実勢価格:約4万2000円
パワフル スマートヘッドで、ごみの取り残しを減らしてくれます。コンパクトになった新しいスタンド式充電台に、付属のツールがすべて収納できるのもいいですね

▼2位 シャープ RACTIVE Air「EC-AR5」 実勢価格:約3万5000円
約1.2kgという圧倒的な軽さが魅力。女性や子どもでも扱いやすいサイズなので、結婚を機に掃除機の買い替えを検討している方にもピッタリだと思います

▼3位 Shark EVOPOWER SYSTEM「CS401J」 実勢価格:約4万2000円
日本人向けに作られたスティッククリーナー。比較的扱いやすい重量で、吸引力や静音性も問題ありません。手を汚さなくていいワンタッチゴミ捨て機能も便利

◆〈家電販売員は選ばないスティック掃除機のWORST〉

▼1位 エレクトロラックス Pure Q9「PQ92-3BWF」 実勢価格:約5万5000円
デザインは優れているものの、重さのせいで日常的に使うのはたいへんだと思います。ほかのスティッククリーナーと比べて、財布に優しくないところも厳しいです

家電量販店スズキ
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

―[2021年ベスト10「家電・趣味」部門]―


※写真はイメージです