今回紹介するのは、ふふり42号さん投稿の『【レシピルート10】食事処結月亭#29 インテリア?クッキー!?ブロッコリー!!』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

ご視聴いただきありがとうございます
早いもので、VOICEROIDキッチン動画を投稿して1年が経ちました。
ここまで続けられたのも偏に見に来てくださる皆様のおかげです
本当にありがとうございます

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 ニコニコ動画で、ユーザー企画『レシピルート10』が開催されました。車載と料理の動画投稿者がペアを組み、車載主が旅先で食べた料理の“食レポ”だけをたよりに、キッチン主が再現するというものです。

 今回紹介する動画はMaruさんの食レポをたよりに、ふふり42号さんが料理するというものです。このペアには食レポに対し“日本語から外国語に何度か翻訳し、日本語再翻訳する”という縛りが課されたため、大変なことになっています。

 届いた食レポは以下のような内容です。

 火の上で小さな硬い表面しか加熱しなくて、簡単に焼けやすくなりますが、発酵大豆ペーストとニンニクの味は、優雅で厚いです。インテリアは、通常よりも少し硬く、私が思ったよりも弾力性があります。思いがけないクッキーの見た目や香りで豊かな味わいが生まれるのですが、重くない味ですね。この地域とまったく同じようにもう一方のスープやナベに入って食べるのもいいです。

 あまりにも奇怪な食レポですが、ふふり42号さんは冷静に推理します。「硬い食材」は貝、「発酵大豆ペースト」はみそ、「弾力のあるインテリア」は貝柱、「クッキー」は焼き目ではないかと考えました。岩手県であるとの情報がMaruさんから届いていたので、「ホタテを使ったニンニク味噌味の貝焼き」だと推測しました。

 ここから調理開始です。しかし、調理をしながら貝焼きは岩手ではないのではと思い直し、方針転換することに。まずは、ネギときゅうりを刻みます。

 ごま油で、ショウガニンニクを炒めます。

 ネギを加え火を通したら、ひき肉を加えます。

 みそを加えてさらに炒めます。

 そして、麺づくりを始めます。買ったばかりのパスタマシンを使います。

 盛岡じゃじゃ麺が完成しました。食べてみると、インテリアが弾力があっておいしいとのこと。つまり、手打ちうどんがインテリアであると推理したのでした。

 なお、Maruさんが投稿した『これが旅というものなんです。〔レシピルート10〕』を見ると正解がわかりますインテリアって何だったのでしょう。こちらは、ぜひ、動画でお楽しみください。

視聴者コメント

面白い企画だなあ
縛りがエキサイト過ぎる
インテリアはどこから産まれたwww
コレは高難易度だぞw
あの情報でここまで形にできるのか

文/高橋ホイコ


▼動画はこちらから視聴できます

【レシピルート10】食事処結月亭#29 インテリア?クッキー!?ブロッコリー!!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

フランスの古城・モンサンミッシェルの名物「スフレオムレツ」を作ってみた 簡単レシピにレンチンした“レトルトのシチュー”を掛けていただきます!

青いご飯のタイ料理“カオヤム”を作ってみた! ハーブや魚醤が渾然一体となって口に香る色彩豊かなライスサラダのレシピを紹介