「ポルシェにはスーパーカーがない」の声は正論か? 911を見れば答えは出る!

この記事をまとめると

ポルシェスーパーカーはないといわれることがあるがそれは本当か?

ポルシェ911シリーズは常にスーパースポーツとして進化を続けてきた

■最新の992型のGT2RSはついに700馬力超のパワーを手に入れている

ポルシェはその歴史のなかでスーパースポーツを生み出してきた

 ポルシェには、スーパーカーと呼ぶことができるモデルはないのか。答えは誰もが簡単に予想することができるだろう。それはもちろん「ノー」である。

 それはポルシェの象徴的な存在ともいえる911のヒストリーを紐解いても、あるいはそれに並行して、ほぼ10年に1度のペースで誕生したスペシャルモデルともいうべき、904GTS、911カレラRS、959、911GT1、カレラGT、918スパイダーの存在を振り返ってみても明らかだろう。ポルシェはその歴史の中で、確実にスーパーカーといえるスーパースポーツを生み出している。

ポルシェ918スパイダーのフロントスタイリング

 だがその一方で、ポルシェスーパーカーキャラクターを感じない人たちがいるのもまた事実。グローバルな視野でポルシェのプロダクトを見ても、現在そのコアモデルとなっているのはカイエンやマカンといったSUVであるし、とりわけカイエン以降に新たに成長した新興市場においては、ポルシェスポーツモデル存在感はきわめて薄いというのが現状である。それもまた、ポルシェキャラクターがほかのスーパーカーメーカーとやや異なるひとつの理由といえるのではないだろうか。

 ポルシェの象徴たる911は、1963年フランクフルトショーで発表されたあとに(この時は901という車名だった)、1965年から販売を開始している。それは356シリーズの後継車であるが、356比では全長と全高ではそのサイズは若干拡大されたものの、全幅はエアロダイナミクスを重視してか大きく狭められている。

901型ポルシェ911のフロントスタイリング

 そのコンセプトは「高性能で快適な2+2GT」。ポルシェとしては初のモノコック構造を採用し、同時に新設計の水平対向6気筒エンジンも搭載された。911の走りには、当初はGTとしての快適さが最優先されていたとしても、それは間違いではない。

901型ポルシェ911の水平対向6気筒エンジン

 だが、ポルシェはこの1965年式の911(Oシリーズ)を原点に、911の進化を続けていく。その中にはレースラリー専用の911R、500台の限定生産車であったものの、最終的には1973年に年間1000台の生産をクリアしたために、グループ3のホモロゲーションを得た911カレラRS2.7。1975年にはそれをベースとした911カレラRSRで300馬力の壁を突破することに成功。

ポルシェ911カレラRSR

 ちなみにこの911カレラRSRは、後に3リッター仕様へとマイナーチェンジされ、最高出力は345馬力、重量は900kgを実現している。

最新モデルではついに700馬力オーバーのパワーを手にした

 1974年に誕生した、セカンドジェネレーション911ともいえる930型での大きな話題はターボモデルの誕生だ。260馬力(日本仕様は245馬力)というハイパワーに対応するためにワイドタイヤを装着し、そのためにグラマラスなリヤフェンダーを装着した911ターボは(年式によってターボ、930ターボとも呼ばれる)、その独特なアピアランスから日本のスーパーカーブームでも常に人気の中心にあったモデル

930型ポルシェ911ターボのフロントスタイリング

 ミッションは4速MT、1977年にはインタークーラーの追加装備も行われたが、1981年にはその輸入は一時中止。再開されるのは1985年のことになる。

 続く1989年デビューの964型911、1993デビューの993型、1997年に初めて水冷式の水平対向6気筒エンジンを搭載して誕生した996型、2004年デビューの997型、2011年デビューの991型、そして2018年に登場した992型のいずれでも、ターボ911シリーズトップパフォーマンスモデルとして独自の地位を築き続けた。

992型ポルシェ911ターボSのフロントスタイリング

 そしてさらにポルシェファンからの注目を浴びたのは、996型から設定されたGT3GT3RSといった、自然吸気の高性能モデル。そもそもそれは、1999年ポルシェカップへの参戦を望むカスタマーなどに向けて1400台が限定生産される予定のモデルだったが、想像以上のオーダーを受けたという事情もあり、のちにそれはカタログモデル化された。

996型ポルシェ911 GT3RS

 ちなみにGT3RSは、さらにフロントフードやドアミラー等々をカーボン製とした軽量版である。

 315km/hの最高速を誇るGT2が誕生したのもこの世代から。駆動方式は通常のターボ4WDであるのに対してGT2はRWD。車重は同様の比較で100kgも軽量だ。この数字を見て、ポルシェスーパーカーにあらずと誰がいえようか。

996型ポルシェ911 GT2

 続く997シリーズにもGT3、GT2のラインアップはあるが、その中でも特別な存在といえるのは、600台の限定で生産されたGT3RS4.0と、GT2RSの両車ではないだろうか。

997型ポルシェ911 GT2RS

 とりわけ後者の最高出力620馬力は、現在のスーパースポーツ市場においても十分な説得力を持つもの。GT2とのパワー差は実に90馬力もあるのだ。

 991型、そして最新の992型にもGT3ラインアップはある。991の後期型ではGT2RSも加わり、ついにその最高出力は700馬力に。

991型ポルシェ911 GT2RS

 一方現行シリーズベースモデルたるカレラとて、370馬力もの最高出力を発揮しているのだから、これはGTであると同時に、スポーツカーとしての走り、とりわけRRの駆動方式を持つ911特有のスポーティな走りを楽しむには十分なパフォーマンスといえるのではないだろうか。

 ポルシェスーパースポーツとしての進化は、いつまでも終わることはない。911というスポーツカーの発展形を中心にスペシャルモデルを生み出してきたポルシェの歴史には、確実にスーパーカーが存在している。

「ポルシェにはスーパーカーがない」の声は正論か? 911を見れば答えは出る!