【元記事をコミックナタリーで読む】

劇場アニメ犬王」の新たな特報映像が公開された。

【大きな画像をもっと見る】

湯浅政明が監督、松本大洋キャラクター原案、野木亜紀子が脚本を手がけるミュージカルアニメ「犬王」。古川日出男の小説「平家物語 犬王の巻」を原作に、室町時代に活躍した実在の能楽師・犬王と、盲目の琵琶法師・友魚の友情が描かれる。公開された映像では新カットが盛り込まれ、踊り狂う犬王と琵琶をかき鳴らす友魚や、熱狂する民衆、神秘的な謎の面が。この映像は1月22日より劇場でも上映される。

また1月22日より販売されるムビチケカードの特典も明らかに。松本描き下ろしによる犬王と友魚の姿をデザインした、和紙のような風合いのクリアファイルが用意された。数量限定のため、なくなり次第終了する。

「犬王」は初夏に全国公開。なお公開に先がけて同作を鑑賞した古川と野木のコメントも到着した。

古川日出男(原作者)コメント

これは映画のモンスターである。スクリーンがこれほど怪物的にうごめき出すのを、私はおそらく初めて観た。しかも、それらの「うごめき」はポップで、悲劇的なはずなのに徹底して楽天的で、要するに痛快な「しいたげられた者たちの反撃」なのだ。映像だけではない。音楽も、それからキャラクターたちの声もぜんぶ蠢動している。私は、原作の小説を書いたはずなのだけれども、そうした事実はすっかり失念してしまって、スクリーンに映し出される「世界」に唖然とさせられている。にもかかわらず、身体は反応してしまっていて、揺らされている。私はシェイクさせられている。いったいこれはなんなのか、と私は素直に思った。そして、回答はこのコメントの最初に記した。これは映画のモンスターである。これはアニメーションモンスターである。これは音楽アニメーションモンスターである。

野木亜紀子(脚本)コメント

湯浅監督の鬼才たる所以を「どうだ!」と見せつけられ、ただただ驚愕するばかり。千尾のイルカが連なって、デッカい鯨が立ち昇る。ぽかんと見上げたこの私、遠い昔のあの場所で犬王の舞台を目撃した幸運な一人になってしまった。泣きたくなるようなアヴちゃんの艶やかな咆哮、腹に響く森山氏の確かな唄声、いつまでも何度でも聴きたくなる、麻薬のような音の波。帰り道は「♪デッカいく~じら~」と口ずさむこと請け合い。映画館で見ておけばよかったー!と後悔しないよう、彼らの失われた物語を、奪われた物語を、目撃する一人になってください。

「犬王」

2022年初夏全国公開

スタッフ


原作:古川日出男「平家物語 犬王の巻」(河出書房新社刊)
監督:湯浅政明
脚本:野木亜紀子
キャラクター原案:松本大洋
音楽:大友良英
総作画監督:亀田祥倫、中野悟史
キャラクター設計:伊東伸高
監督補佐:山代風我
作画監督:榎本柊斗、前場健次、松竹徳幸、向田隆、福島敦子、名倉靖博、針金屋英郎、増田敏彦、伊東伸高
美術監督:中村豪希
色彩設計:小針裕子
撮影監督:関谷能弘
編集:廣瀬清志 
音響監督:木村絵理子
音響効果:中野勝博
録音:今泉武
音響制作:東北新社
歴史監修:佐多芳彦
能楽監修:宮本圭造
能楽実演監修:亀井広忠
琵琶監修:後藤幸浩
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:アニプレックスアスミック・エース

キャスト

アヴちゃん(女王蜂)、森山未來柄本佑津田健次郎松重豊、片山九郎右衛門、谷本健吾、坂口貴信、川口晃平、石田剛太、中川晴樹、本多力、酒井善史、土佐和成

(c)INU-OH” Film Partners

「犬王」新場面カット