2022年1月14日から16日にかけて、千葉・幕張メッセで開催されるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」で、圧倒的なオーラを放つカスタムカーを発見しました。その名は「フィガロ GT2000」。

【写真】エンジンルームの様子

 フィガロ GT2000を出展したのは、NSXS2000パーツ製作を手掛ける「レーシングファクトリー・ヤマモト(以下、RFY)」。

 ホンダスポーツカーS2000」のプラットフォームと、日産のレトロな小型自動車「フィガロ」のボディーを合体。さらにGTカー風のレーシーなルックスに仕上げたという1台です。

 S2000チューナーのプロであるRFY代表が「初心に戻って個人的にやりたかったことを全て詰め込んだ、完全なる趣味車」とのことで、公道は走行不可の競技用モデル。フィガロのボディーに合わせるために、プロペラシャフトやサスペンションなど、各所に手が加えられており、そのガチっぷりは中身を少し覗き見るだけでも伝わってきますね。

 カワイイ顔して中身はえげつない”GTマシン風フィガロ”は、オートサロン会場に足を運ぶなら一見の価値ありです。

S2000とフィガロを組み合わせた「RFY Figaro GT 2000」