俳優・小手伸也(48歳)が、1月15日に放送された情報番組「あらあらかしこ」(仙台放送)に出演。宮城・仙台の思い出を語った。

この日、映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」の宣伝のため、同番組に出演した小手。仙台の番組ということで、宮城・仙台の思い出を聞かれると、小手は「初めて泊まりがけでCMの撮影に来た都市」と明かし、それは東北電力のCMだったそう。「仕事で遠方に来たのは仙台が初めて」だった、思い出の地なのだという。

また、「ミュージカルオーディションで、歌を吹き込んで送って欲しいと言われたとき、歌った歌が『青葉城恋唄』」と、“仙台のじいじ”こと、シンガーソングライターさとう宗幸の代表曲だったと振り返った。