新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

呼吸器専門医で肺炎治療のスペシャリスト・倉持仁医師が16日、自身の公式ツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自身が運営する診療所の現状を告白した。

【ツイート】診療所の現状を告白する倉持医師


■「駐車場が一杯で入れません」

同日、倉持医師は「駐車場が一杯で敷地に入れません。幸い重篤な方は出ていませんが、電話にも出れず、お待たせしてしまっています。有症状の方の受診も増えてきているようです」と診療所の現状を告白した。

16日の東京都での新型コロナウイルス新規感染者は4,172人。国内すべてを含めると1万人を超えており、各診療所や病床の圧迫が懸念される。


関連記事:倉持仁医師、ワクチン3回目接種の本格開始を前に 「体制づくり必要」

■ワクチン接種の有無に関わらず…

続けて、倉持医師は「小学校中学校、高校、介護、医療、美容など広い範囲で感染が認められています。ワクチンを打った方も打ってない方も39-40度という方も多い印象です」とワクチン接種の有無にかかわらず、高熱を出す患者が多いことを報告。

最後に「これは広がってしまう感じがします」ともコメントしており、今後さらに新型コロナウイルスの感染が拡大することを懸念している。

■コロナ感染拡大に波紋

倉持医師の投稿を見たユーザーからは、「これからどんどん広まりますね、怖いです」「経済を止めないって言ってる場合じゃないのでは ?」「本当にヤバいと思います」と様々な声が寄せられている。

今月に入ってから新規感染者が増加しているため、今後も感染対策を徹底していく必要がありそうだ。明日以降に公表される感染状況、症状等には注目していきたい。


■感染拡大を懸念する倉持医師

・合わせて読みたい→「コロナワクチン未接種の患者は診察しません」 医師の決断に深い理由

(文/Sirabee 編集部・三黒いつき

倉持仁医師、コロナ感染拡大で現状を解説 「ワクチン接種に関わらず39〜40℃」