TVアニメ宇宙よりも遠い場所」(以下、「よりもい」)のスタッフが再集結したオリジナル劇場アニメーション、映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』(2月18日公開)のプレミア上映会1月16日TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、梶裕貴村瀬歩いしづかあつこ監督が登壇した。

【写真を見る】梶、村瀬歩、いしづかあつこ監督はネタバレOKのトークに「ワクワク!」とニッコリ

上映後の舞台挨拶ということで「ネタバレOK」でのトークが展開できることについて、「いろいろと話せそうで楽しみ」と笑顔を浮かべた梶。イベント冒頭には、新型コロナウイルス濃厚接触者に該当する可能性があるとのことでこの日の登壇を見合わせた花江夏樹からのメッセージを代読し、「次の機会には、ぜひ花江くんも一緒に楽しいトークをしたいです!」と語った。トトは演じるのが楽しい役だったと振り返り、「研究すればするほど自分と似ている部分が見つかった」という梶はキャラクターそれぞれのドラマにグッときたとし、作品の魅力について「自分が経験した青春時代思い出すだけでなく、キャラクターたちの青春時代を追体験できるところに役者の醍醐味を感じました」と説明していた。

オーディション時にはすでにかなりの映像が出来上がっていたという本作。それは声をあてる役者にとってはとてもありがたいこととしながらも、実は現場で初めて映像を観たという梶が「なにかの手違いで、事前に映像を観ることができなかったけれど、“観れていません”なんて言い訳にできないから、実はかなり心臓バクバクでした(笑)。本当に難しかったです」と振り返ると、いしづか監督はすかさず「観てないことはあとから聞いたのですが。本当にびっくりするくらい合っていました。あのスキルは本番でも活かせると思いました」と大絶賛。すると梶は「まじめに声優をやってきて良かった!と思った瞬間です」と少し照れながらも満足の表情を浮かべていた。

いしづか監督は「友情と青春というエンタテインメントを描いた作品ではあるのですが、実は、描きたかったのはそこじゃないという部分もあります」と切り出し、「世界と人生と哲学を大事にしている作品です。今日、映画を観た皆さんがそれを感じ取ってくだされたうれしいです」と作品に込めた想いを解説すると、村瀬が「キャッチコピーにも“LIFE(生き方)”ってありますからね!」と付け加えていた。

お気に入りシーンについては梶、村瀬ともに「トトとドロップが語り合うシーン」と一致。梶はトト役を演じるうえで、そのシーンを目がけて役作りをしていたと明かし、村瀬は「出来上がった映像で何度も見返したシーンです」と強調。「梶さんすげー!って思ったシーンです。アフレコはとても濃密でした。ほんと好き、大好き!」と何度もつぶやくほどお気に入りの様子だった。

少年たちのひと夏の冒険が描かれる本作にちなみ、2022年の冒険、もしくは挑戦したいことを訊かれたいしづか監督は「ロケハンに行ける作品を作りたいです」と回答。コロナ禍で現地視察は叶わなかったと残念がるいしづか監督に「現地に行かないで、あの映像を作れるのはすごいです。滝からマイナスイオンを感じました」と感心していた。勉強好きだと村瀬は「占いとかタロットをやっているのですが、新しいことを学ぶのが好きなので、今度はホロスコープや星座、宇宙、星などの勉強がしたいです」とニッコリ。

海外旅行が好きだという梶は「ずっと言い続けていているけれど」と苦笑いしながら「英会話」と答え、「現地で同じ言葉で話せたらもっと世界が広がるはず」と目を輝かせた。また、本作の世界観はもちろん、キャラクターの過去なども気になるという梶、村瀬が『グッバイ、ドン・グリーズ!』の続編、もしくスピンオフに挑戦したいと声を揃え「ぜひ、お願いします!」と大きな声でおねだりすると、会場は大きな拍手に包まれた。

最後の挨拶でいしづか監督は「作って終わりではないのが作品です。認知されなければ最初から存在していないのと同じなので…」と語ったところで「また今日も難しいこと言ってるって思われちゃう」と微笑むと、すかさず梶が「大好きです、そういう話」とニコニコ。梶の笑顔にホッとした様子のいしづか監督は「皆さんの名前をエンドロールに刻みつけて帰ってください。そして、その刻みつけた名前を、また別の機会に観にきてください」と呼びかけ、イベントをしめくくった。

取材・文/タナカシノブ

「花江く〜ん」と呼びかけながら手を振っていた