カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 その猫には鉄の意志があったようだ。お掃除ロボットごときに振り回されたくはなかったようで、何度も背中にぶつかってきても、全く動じない。

 飼い主も「そこをどきなさい」と猫をうながすも、言うことを聞くわけにはいかない。その場所を死守することが猫の誇りなのだから。多分だけど。

【画像】 絶対にどかぬ、ひかぬ

Cat Refuses to Move for Roomba |

 マレーシアクアラルンプールでの出来事。お掃除ロボットが起動され床の掃除が始まった。ロボットは猫のいる地点へと突入。

 横たわる猫の背中にガツンガツンと何度も当たるのだが、猫は一向にどく気配がない。ここは自分の場所とばかりに鉄の意志で座り続けるのだ。

2

 ロボットも「どいてよ、どいてよ」と催促するかのように猫の背中をどつき続ける。飼い主もお掃除が進まないので、猫に「どいて、どきなさい!どきやがれ~」と矢の催促。

 そんな飼い主の顔を眺めながらしれ~っとその場所を死守する猫。

[もっと知りたい!→]全自動楽やし。ルンバをタクシー代わりに利用する猫の所業

4

 ちょっと考え込んでいる様子も見受けられるが、お掃除ロボットごときに猫生を振り回されたくはなかったようだ。

 今回の猫 VS お掃除ロボットの勝負、猫の勝ちだな。お掃除ロボット人工知能がさらに発達するまでは、当分猫の勝利が続くことだろう。

2

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

だが断る。お掃除ロボットがぶつかってきても絶対にどかない猫