体重65キロと言えば成人とほぼ同じ重さになるが、イギリスペット医療センターに運ばれてきた中型犬の体重はこの数字を超えていた。ケーキビスケットが大好きなこの犬は重すぎる体重のせいで命の危機にあったが、獣医とともにダイエットに励んだことで30キロ以上の減量に成功したという。驚きのビフォーアフターの姿を『Cheshire Live』などが伝えている。

昨年4月、英チェシャー州ホルムズ・チャペルにあるペット医療センター「Cheshire Pet」にイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの“フィリップPhilip、9)”が飼い主によって連れてこられた。

フィリップの問題は見た目にも明らかで、体重が65.5キロもある肥満体型を理由に運ばれてきた。日本では身長172センチの成人の標準体重が約65.1キロなので、人間と同等またはそれ以上になる。またイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは中型犬で、標準体重は22~24キロとされているため2~3匹分の重さになっていた。

フィリップケーキビスケットなど人間の食べ物が大好物で、ここまでの体重になってしまったという。手に負えなくなってしまった飼い主は、フィリップを手放す決意をして同センターに受け渡した。

フィリップの担当となった獣医のエドワード・デイヴィスさん(Edward Davies)は、このように当時を振り返っている。

「これまで獣医として30年間働いてきましたが、フィリップほど太った犬は見たことがありませんよ。フィリップの足が体重を支えられていることに驚きですし、あまりにも大きすぎて何が問題なのか調べることすら困難でした。」

フィリップの腹部にはサッカーボールサイズの腫瘤があったかもしれませんが、脂肪が厚すぎて気がつかなかったかもしれません。でも血液検査をしてみると、驚くほど異常がなかったんです。」

フィリップが同センターにやってきた頃、全く食事をしようとしなかったという。エドワードさんは食欲のないフィリップを見てこう思ったそうだ。

「もう限界かもしれないと思いました。フィリップの生活の質はほとんどゼロに等しかったですが、私たちは治療して再び飼い犬として過ごせる可能性のある犬を見殺しにはしたくなかったのです。」

そんなフィリップダイエットを開始したが、体力がないためにエドワードさんが飼う2匹の犬“アーチー(Archie)”“ティリー(Tilly)”と同じ散歩をこなすのは難しかった。そこでまずは庭を1周するなど軽い運動から始めたという。

重すぎる体重のせいであまり動こうとしなかったフィリップだが、軽い運動を続けたことにより変化が起きた。エドワードさんは「他の犬がボールを落とした時、フィリップがそれを拾って私のところへ持ってきたのです。それはまるで再び遊び方を覚えようと、あるいは初めて遊び方を学んだときのような瞬間でした」と当時の心境を明かした。

そして地道に努力を積んだ結果、ダイエット開始から8週間で52.8キロにまで体重を減らすことに成功した。短期間で12.7キロもの体重を減らすことができたが、まだまだ標準体重の2倍ほどはあったためダイエットは継続された。

体重が減ってきたことでフィリップはどんどん活動的になり、泳ぐことが大好きになったという。フィリップダイエットの様子はInstagramシェアされており、最新の投稿である昨年10月31日の時点で体重は37.3キロにまで落ちていた。同日に投稿された動画には、尻尾を振って元気に走るフィリップの姿も映っている。

現在のフィリップは30キロにまで減量し、過体重による関節炎が改善され生活の質も大きく向上してきたという。エドワードさんは「以前は見ることのなかったフィリップフレンドリーな性格が、本当によく出てきています。いつも尻尾を振っていますし、フィリップが幸せそうにしているのを見ることができ、私も嬉しいです」とダイエットの成功を喜んでいた。

画像は『PhilipPhil-eep) 2021年6月12日Instagram「Me next to my new roomie Tilly!」、2021年6月15日InstagramHopefully I’m a bit smaller than the last time I was lay next to Tilly!」』『itv.com 2022年1月13日付「Ten stone dog from Cheshire em-barks on major diet after becoming dangerously overweight」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト