画像はイメージ

キャリコネニュースで「手取り20万円以下」という自身の収入について思うことを聞いたアンケートに、20代男性からさまざまな思いが寄せられた。

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「今後やりたい事が見つかった時のための投資金が欲しい」

手取りが19万円だという東京都内の20代前半の男性(未婚/サービス系/正社員)は、「現在の役職にしては足りない感覚」「将来の見通しがあまり見えない」と語る。

男性は「毎月の奨学金返済や携帯料金返済など、なかなか貯金が貯まらない。今後やりたい事が見つかった時のための投資金が欲しい。賞与が無いので結婚できるか心配」だと綴った。

また、手取り18万7000円で年収350万円という三重県の男性(20代後半/メーカー系、電気・電子・機械系/正社員)も、将来の不安を口にする。「貯蓄をしていくためにも30万円程度はほしい。しかし、今の仕事を続けていくとあと10年くらいはそれほど変わらないまま、同じ給料水準になると思う」と男性は語っていた。

さらに、手取り15万9000円、年収250万円という千葉県の男性は「少ないと思ってます。家賃やら光熱費を払うと残りがほとんど残らないです。どうやって生活していくべきなのか…」(20代後半/未婚/サービスパートアルバイト)と途方に暮れる。

一方、社会人1年目の男性(メーカー系/20代前半/長野県/未婚/派遣社員)は、手取り13万5000円で年収およそ200万円は、こう記していた。

「少ないと感じるが社会人1年目なのでこれくらいかと思ってる。贅沢はあまり出来ないが、限られた金額の中でやりくりすることが楽しいと感じている」

手取り18.7万円の20代男性「今の仕事を続けていくとあと10年くらいはそれほど変わらない」という不満