世界最大級のRTAリアルタイムアタックイベント「Awesome Games Done Quick 2022」(以下、AGDQ2022)が日本時間の1月10日(月)から、16日(日)までの約1週間にわたって開催された。

 本イベントメインショーでは、ボーナスゲームなどを含む140タイトルへの挑戦がノンストップで行われていた。その中でも特に注目を集めていたのが、最終日である16日(日)の午前8時ごろにスタートしたPC版SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(以下、SEKIRO)を目隠しした状態でクリアするというものだ。

 『SEKIRO』は2019年リリースされたフロム・ソフトウェア発のアクションゲームで、同年の「The Game Awards」ではみごとゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いている。開発会社を同じくするダークソウルブラッドボーンといったタイトルと並び、一般的には高難度とうたわれる作品である。

(画像はSteam『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』販売ページより)

 ただでさえ難しい『SEKIRO』を目隠し状態でクリアする。一見不可能にも思えるこの課題に挑戦したのは、アメリカスピードランナー「Mitchriz」氏。
 同氏は『SEKIRO』の「空中遊泳バグ禁止」レギュレーションにおける最短ルートの攻略では世界第2位、あらゆるグリッチを使用可能なレギュレーションでは世界第4位の記録を持つプレイヤーだ。なお、これらのデータ2022年1月17日時点のものであり、記録集積サイト「speedrun.com」に由来することを明記しておく。

 Mitchriz氏は2021年7月、自身のYouTubeチャンネル目隠し状態で『SEKIRO』をクリアする様子を公開した。敵のアクションはもちろん、自分がどこを歩いているのかさえ不可視の状態知識と音を頼りに進んでいく、常人にはとても信じがたいほどのプレイ内容となっている。

 今回、AGDQ2022でも、2時間35秒01というタイムチャレンジを達成。同氏のベストタイムにこそおよばないものの、困難が予想されたボス「獅子猿」を1度の挑戦で撃破するなど、見事なプレイを披露した。

 Mitchriz氏による『SEKIRO目隠しプレイの様子はAGDQ2022公認のリストリームチャンネル「Japanese Restream」にて、日本語解説付きで視聴できる。世界最高峰のプレイヤーによる超人的な挑戦を目の当たりにできるので、興味のある方にはぜひチェックしていただきたい。

AGDQ2022公認リストリームチャンネル「Japanese Restream」はこちら