ゲームメディアニュース担当者のひとりとして働いた2021年、日々送られてくる大量のプレス向け情報の中で明らかに増えたキーワードがある。それは読者の方もよく目にするようになったかもしれないNFTおよびメタバースだ。解説はWebや優秀な書籍が多数あるので、そちらに任せてしまいたいと思う。

 Web上の文章や書籍を読みくらべ、何か間違えていないかとびくびくしながらこう書いている筆者なのだが、現状は「よくわからない」というのが正直なところなのだ。
 いや、NFTメタバースという概念自体はちょっとだけ理解できているかもしれない。ただ、おそらく多くの読者もこういった解説を各所で軽く読み飛ばして感じていると思うのだが、「で、けっきょくビデオゲームNFTが入って何が変わるの?」と考え込んでしまうのである。

 たとえばNFTが紐付いた土地をトークン付きで売ったり、誰かが作った華客船のデータトークン付きで買ったり、といった事例はすでに存在しているようだし、それが仕組みやマーケットとして今後回っていく可能性もわかる。しかし、それでNFTビデオゲームという遊びそのものを向上させるのか。それは現状、投機やビジネスチャンスの面が強いのではないのかとも思うわけである。

 もちろん、ゲーム会社が潤い新コンテンツの開発に注力できるようになることは、とてもいいことだ。だが新たな市場の可能性として前のめりになっている企業や、「本当にゲーム好きなの?」という方々の参入を見ると、NFTゲーマーを置いてけぼりにしているのではと若干ムズムズしてしまう

 実際に海外ではNFTに対するゲーマーの反発もすでに起きており、Ubisoftゲームを対象としたNFTラットフォーUbisoft Quartz」を発表して多くのユーザーから疑問が呈されたほか、S.T.A.L.K.E.R. 2』開発中であるGSC Game Worldは同じく新作にNFTとメタヒューマンなるものの導入を発表したが、ユーザーからの猛反発を受けて中止にした。また昨年参入を表明したセガも、年末のマネジメントミーティング2021ではのこのような慎重なコメントを残している。

NFT については、いろいろと実験していきたいと考えており、既に様々なスタディや検討を開始している。P2E に関しては、現時点で決定していることはない。

 既に、海外を含めていろいろな発表がされているが、現時点ではネガティブな反応を示すユーザーもいる。ネガティブな要素をいかに軽減していけるか、日本のレギュレーションの中でどこまで導入できるのか、また何がユーザーに受け入れられて、何が受け入れられないのか等を慎重に見極めながら、われわれのミッションである「感動体験を創造し続ける」コンテンツにつながるものであれば検討をして行くし、ただの金もうけと思われてしまうようなものであれば、展開を見送るといった判断軸で考えて行きたい」

 というわけで現状、「なんだかわかるけどよくわからないもの」として記事も書かず塩漬けにしてきたNFTだったのだが……。2003年からメタバースを構築してきた宇宙MMOEVE Onlineの開発CCP Gamesから、NFTについてインタビューしてみないか」という打診があり、いまそれを軽く「あ、いっすねー」と受けたことを非常に後悔しているわけである。

 しかし『EVE Online』というすさまじメタバースを運営してきた会社に話を聞ける機会は、そうそうないだろう。しかも回答してくれるのはCEOのHilmar V. Petursson氏とブランドディレクターSæmundur Hermannsson氏ということで、今回はなけなしのプライドをかなぐり捨て、ぶっちゃけNFTゲームってどうなんですか?大丈夫なんですか?」と何も考えずに切り込んでみた。

左がHilmar V. Petursson氏、右がSæmundur Hermannsson

 なお、あえて原文の意図を編集で破壊しないという意味で、メールインタビューにて返ってきた文章をそのまま掲載している。メールでいくつかの質問を投げかけただけとなっているが、この記事が将来的にNFTビデオゲームを考えるためのほんの少しの一助となる資料のひとつになれば幸いである。

『EVE Online』公式サイトはこちら

取材・執筆/ishigenn


宇宙MMORPG『EVE Online』で敵艦を撃沈した証明として「キル証明書 NFT」が発行へ。公式トーナメントにて最後の一撃を与えたプレイヤーに

──先日「キル証明書NFT」を導入されていましたが、この動きは“次世代のメタバースで大胆な研究開発を行い、永遠に続くオンラインゲームになること”を目指してのものだと聞きました。ただ、NFTを導入することが永続的なメタバースにどう繋がるのかについてはやや不鮮明だと思っていまして、今回の研究がどういう効果を生むと考えたのか、その仮説を教えていただけますでしょうか?

Hilmar:
 CCPでは、『EVE Online』のシングルシャードオンラインユニバースで行ったように、革新的な技術を用いて新しい可能性を切り開くことを常に使命としており、ブロックチェーンには、デジタルの世界で良いことをするための未開発の可能性があると考えています。
 MMOの経済に関する最良の考え方は、ブロックチェーンゲームで行われています。この技術の制約と、すべてのものがグローバルレベルで摩擦なく取引されるという基本的な前提には、思考を大きく揺さぶるものがあります。

 NFT暗号通貨を含むブロックチェーン技術は、メタバースの構築に関連する重要な技術のひとつです。仮に、ブロックチェーン技術によって、様々な仮想世界を運営する企業ではなく、プレイヤーが創造した仮想資産歴史レガシー真に所有することが可能になります。

 私たちは、適切な集中型リレーショナルデータベースを使用した最初のゲーム会社のひとつであり、それが『EVE Online』というシングルシャードの驚異をもたらしたように、分散型台帳/ブロックチェーンを使用すれば、非常に興味深い方法で使用することができます。

 中央集権的なデータベースは、ある種の制限をもたらします。これらの制限は微妙なもので、現状の『EVE Online』ではあまり目立ちませんが、EVEを超える何かを生み出すことを妨げていると考えており、ブロックチェーンはその制限を打破するための技術的なアンロックの可能性を秘めています。その制限とは、所有権に関係するもので、これは非常に興味深い人類の発明です。

 『EVE Online』の現状では、プレイヤーは所有権(すべては仮想であり、CCPが所有するデータベースロックされている)を持っていません(EULAではCCPがすべてを所有していると明示されています)。このため、プレイヤーは経済活動(マイニングなど)を行っても、所有物や所有する資産を得ることができないため、CCPを信頼しなければならないという状況になっています。このことは、私たちの経済における「仕事」と、国家政府が運営する経済における「仕事」との間に、常に制限を設けることになります。

 ここで、ブロックチェーンの話に戻ります。ブロックチェーンは、その分散型の性質により、誰にも所有されず、誰にも所有されません。ブロックチェーンは、参加者の創発的な状態として存在し、その結果、真のデジタル所有物を提供することができます。実際、ブロックチェーン上で自分の秘密鍵を所有することで得られる所有物は、技術的に言えば、人間が発明した他のあらゆる所有物を上回るものだと言えるでしょう。

 これらは私たちに何をもたらすのでしょうか? それは、架空の未来的なメタバースデジタル経済です。そこでは、人々は物理的な世界が提供できる以上の価値を創造し、価値を保存し、仲裁し、価値を取引することができ、紙の法律や不換紙幣を持つ政府が提供できる以上の価値を提供することができます。

 これは、CCPのミッションステートメントである、現実よりも意味のある仮想世界を作るための非常に重要な要素であると私は考えています。

 私はブロックチェーンを使ってEVEのエコシステムの外で取引を可能にすることはあまり考えていませんが、エコシステムの中では有益である可能性があります。
 たとえば、EVEユニバースアイテムEVEユニバースゲーム間で取引する場合、仕事と価値の流動的な仲裁を通じて、すべてが動的に価格設定され、バランスが取れています。プレイヤーEVE Universeのコスメティックアイテムを実際にデザイン/作成し、そのアイテム他のプレイヤーリアルマネーで販売できるようにし、CCPがわずかな取引手数料を取るようにしたらどうでしょうか?

 プレイヤーは本当にこれを望んでいるのか? それが大きな問題です。確かなことは言えませんが、プレイヤーゲームプレイすることで生計を立てたり、老後の生活を築いたりするケースが増えていることは確かです。実際、いくつかの研究では、MMOリアルマネートレードRMT)経済が、MMO自体の収益に匹敵することもあると言われています。

 EVEプレイヤーは仮想世界で膨大な時間を過ごすため、仕事のように感じる部分もあります(たとえば、1000人規模の強力な企業を運営することなど)。『EVE Online』では、プレイヤーが運営する企業や同盟は、ウェブサイトやソーシャルメディアなどで、すでに意味のある収益を上げています。

 私は、皆さんが私たちのゲームプレイしながら、家族を養い、老後の生活を送ることができる世界をとても望んでおり、今は、ブロックチェーンや暗号のようなものが、そのための手段のように思えます。唯一の方法ではありませんが、模索していくべきでしょう。

 そうすることで、EVEの世界が永遠に続くようになるでしょう。これは、暗号化の支持者にも共通する目標です。

──実際に「キル証明書NFT」を導入されて、『EVE Online』のメタバースではどのような変化や動きが結果としてあったのか詳しく教えてください。たとえばNFTのやり取りが発生していた場合、それは仮想通貨を利用して売買していたのでしょうか? CCP Gamesはそのやり取りに仲介料を取るなどの関わり方をしているのでしょうか?

Sæmi:
 CCPは、Kill Certificate NFTをTezosブロックチェーン上の中古市場で取引する際に、10%のロイヤルティコミッションを受け取ります。
 アライアンストーナメントの一環として、このNFTをどのように生成するかについて、コミュニティが理論的な工作をしているのを見るのは素晴らしいことです。

──『EVE Online』には膨大なユーザーが存在していますが、賛と否の比率はどれぐらいだったとCCP Gamesでは受け止めていますか? 賛成のコミュニティや否定したコミュニティで、それぞれどういった反応が見られたかも教えてください。

Sæmi:
 『EVE Online』がすでにブロックチェーンや暗号技術の多くの要素を共有しているからかもしれませんが、正直なところ、彼らはこの実験を純粋に受け入れてくれたと感じています
 そもそも、このような革新的な実験を行うことができたのは、EVEコミュニティの集合的な知性と成熟度のおかげです。

──結果として今回の「キル証明書NFT」はCCP Gamesとしては成功だったと言えるでしょうか?  また、今後に向けて可能性あるいは課題や問題点を感じた部分があれば教えてください。

Sæmi:
 Tezos上のアライアンストーナメントNFTを導入するのは、ブロックチェーンを使った初めての正式な実験です。当初は予測市場も実施する予定でしたが、様々な理由から予測市場は中止し、NFTに焦点を当てることにしました。

 これは素晴らしい実験であり、できれば多くの実験のひとつにしたいと考えています。また、今回の実験で得られた教訓を、今後のステップに活かしていきたいと考えています。

 EVEコミュニティがこの実験を歓迎し、オープンマインドで対応してくれたことに感謝しています。アライアンストーナメントNFTを受け取ったEVEプレイヤーの皆様は、ご自身の資産が安全であることに自信を持っていただけますし、これらのNFTオープンマーケットでどうなるかを楽しみにしています

──すでにNFTゲームと呼ばれるプロダクトやメタバースがいくつがこの世には登場していますが、参考にしたり、注目しているタイトルはあるでしょうか?  それらのタイトルをどのように評価しているかもお聞かせください。

Hilmar:
 他のタイトルのことは言えませんが、私が会う多くの暗号技術者は、『EVE Online』が自分の考えに影響を与えたと話してくれます。実を言うと、多くの人が『EVE Online』を「ブロックチェーンゲームの元祖」と見ていると話してくれました。たとえEVEで実際にブロックチェーンを使っていなくてもです 。

 それはなぜでしょうか? 『EVE Online』とブロックチェーン・エコシステムデザインと哲学には、基本的な共通点があります。『EVE』のプレイヤー主導の市場システムと労働経済の仕組みは、さまざまなシンクや蛇口と相まって、すべてのブロックチェーンゲームが目指しているものとなっています。

 ブロックチェーンのように、『EVE Online』はコミュニティと自律性を中心に構築されています。『EVE Online』のプレイヤーが運営する企業やアライアンスは、最新のブロックチェーンプロジェクトガバナンスのために現在構築されているDistributed Autonomous Organizations(DAO)と非常に似ています。私たちは開発者としてそこから多くを学ぶことができますが、『EVE Online』で提供するプレイヤー体験を通じて、その開発に多くを貢献することもできます。

──Electronic Artsスクウェア・エニックスといった大企業が「NFT」への参入や賛同を表明しています。今後「NFT」をゲームに導入することはゲーム業界で当たり前の光景になっていくと予想しますか? 非NFTゲームの余地は残されるでしょうか?

Hilmar:
 ブロックチェーン、分散型台帳、スマートコントラクトについて知れば知るほど、それがEthereumやTezos、あるいはオンラインになっている数多くのブロックチェーンであっても、この技術が未来のゲーム作りにいかに関係しているかがわかるようになります
 ブロックチェーンの分野では、ICOで数日のうちに数億ドルの資金調達を行うなど、バブル的な現象が起きていますが、その根底には根本的に変革をもたらすコンセプトがあります。

 ブロックチェーン暗号通貨に関しては、カンブリア紀の爆発のような状態にあり、終わりは見えません。これは今後も続くでしょうし、あらゆる形態の経済(現実世界と仮想世界)、取引、価値創造、プルーフ・オブ・ワークなどに大規模な破壊をもたらすでしょう

 ブロックチェーン技術は、私たちが知っている現実世界の経済を変えるだけでなく、『EVE Online』にあるようなデジタル経済も変えるでしょう。この技術が広く採用されるようになれば、技術やテクニックの観点からも、ユーザーの期待の観点からも。

──もちろん混乱やデメリットの可能性も考えられるかと思いますが、今後『EVE Online』に「NFT」のある要素やコンテンツを導入するとしたら、どのような可能性が考えられますか? たとえば非常に希少性の高い、それこそメタバースにひとつしかないような戦艦に対してNFTを発行するなどは、注目が高まりそうですが同作の経済圏に混乱を起こしかねない気もします。

 また「Play-to-Earn」と呼ばれる概念も注目を集めていますが、採掘や生産で生まれた資源や船にNFTをそれぞれ取り組むといった可能性など、アイデアコンセプトがあれば、あくまで可能性の話としてでよいのでお聞きしたいです。

Hilmar:
 ここでは、仮想的な説明例を紹介します。1997年8月9日Ultima OnlineでLord Britishが殺されたことを想像してみてください。これはMMOの歴史においてかなり重要な瞬間です。ここで、実際に起こったことを少し創造的に自由にして、レインズがファイアフィールド呪文の代わりに弓を使ってロードブリティッシュを殺害し、その弓がブロックチェーン上に存在したとします。

 この弓は、『Ultima Online』の存在を超えて、「惑星規模」のユニークアイテムとして真正かつ独自に存在することになります。また、このようなアイテムゲーム内に登場させたいと考えている様々なMMOに組み込むこともできますし、物理的な世界で骨董品が活躍するのと同様に、仮想資産のコレクターが購入して保有することもできます。この仮定では、ゲームの世界を運営している会社ではなく、プレイヤーが作成したバーチャルセット、歴史、遺産を所有することになります。

 これは、私たちCCPが最初から試みていることであり、世界の管理人であるCCPの従業員ではなく、プレイヤーと彼らが『EVE Online』で築き上げた歴史や遺産にスポットライトを当てることだと言えるでしょう。しかし、これはCCPの従業員やリーダーシップなどを信頼して実施していることです。ブロックチェーンを活用したさまざまな仮想世界のメタバースでは、やはり信頼する必要があるでしょう……しかし、それはまったく異なるタイプの信頼です。

──ありがとうございました

『EVE Online』公式サイトはこちら