川・雪・冬

新型コロナウイルスの感染拡大が連日報じられる中、ある美しい自然現象が規制の多い生活に癒やしをもたらすと、話題を集めている。『Daily Star UK』など多くの海外メディアがその現象を写真とともに紹介している。

【画像】メイン州に現れた巨大なアイスサークル


■回転する巨大な丸い氷

アメリカメイン州ウェストブルックにあるプレゼンプスコット川に現れた「アイスサークル」が、大きな注目を集めている。

アイスサークルは「アイスディスク」や「アイスパン」などとも呼ばれ、主として北米やスカンジナビアなどの寒冷地に出現する自然現象だ。科学者たちによれば、川の中の渦流によって丸い氷が生み出されるのだそうだ。

大きさは大小さまざまなものが各地で確認されており、水面に現れたまん丸の氷がゆっくりと回転するという。


関連記事:「ペット用サークル」お留守番も安心 室内犬におすすめ3選

■観光客の誘致に活用

このアイスサークルが、プレゼンプスコット川に初めて現れたのは2019年で、当時は世界中から注目を浴びた。2020年にも部分的に形作られたものの、完全な円形での出現は2年ぶりとなる。

ウェストブルックは、この美しい自然現象であるアイスサークルを、自治体SNSカバー写真に採用。観光客の誘致に活用する考えだという。

■気温上昇で再び回り始めるか

アイスサークルを目撃し、回転する様子をSNSに投稿した男性が、「今朝アイスサークルは川岸に向かって移動し、そこに定着したようだ」と取材に答えている。その通り、現在は川岸で動きは止まっている模様だ。

この不思議な自然現象に魅入られ、ウェストブルックのページに押し寄せた人々は、もう少し気温が上昇し、再びこのアイスサークルが回転し始めるのを心待ちにしているのだという。


■息をのむ美しさの「アイスサークル」

・合わせて読みたい→セブン限定で“禁断”のアイス発売 ねっとり濃厚で「食べた瞬間リピ確定」

(文/Sirabee 編集部・原田パラン

寒冷地限定「アイスサークル」が出現 丸い氷がゆっくり回転する自然現象が話題