「殺人罪については無罪である」7人への殺人が問われた松永太をめぐり、弁護団は何を主張したのか から続く

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第88回)。

「あの当時の自分が信じられません」緒方の最終意見陳述

 松永太と緒方純子の福岡地裁小倉支部で続いた公判の終わり間際のこと。2005年5月11日と18日の2日に分けて行われた松永弁護団による最終弁論で、18日に弁論要旨(以下、弁論要旨)の朗読がすべて終わると、緒方、松永の順で最終意見陳述が行われた。

 そこでまず証言台に立った緒方は、松永と過ごした20年間は、社会から離れて生活してきたこと、さらに、松永から精神的に解放されるまでには長い時間がかかったことを口にした。

 逮捕後も最初のうちは自分の殻を頑なに守ってきたが、捜査員や検察官、弁護人らと会い、挨拶に始まる会話を重ねていくうちに、少しずつ心が穏やかになって変化が生じ、松永の呪縛から逃れることができたという。

 緒方は犯行時の自分を振り返る。

「いま思うと、すべてが異常でした。いまの私は、あの当時の自分が信じられません。どうしてあんなことができたのだろうと思いますが、すべて私が自分で犯した罪に違いありません」

 そのうえで、これまでの被害者、その遺族に対し、「深く深くお詫びいたします。私の罪が、この命一つで償えるほど軽いとは思っておりませんが、どうかそれでお許しください」と頭を下げたのだった。

松永による書面「弁護団最終弁論要旨について、私の補充」

 続いて裁判長が松永に対して最後の意見を述べるように促すと、被告人席から足早に証言台へと向かった松永は、手に持った紙の文面をいきなり大声で読み始める。

「まず、松永弁護団作成の最終弁論要旨を読んで、書き漏らしがあると思われる部分や、弁論要旨完成後に私が気付いた点などに関して、別途、私が作成した原稿を元に、松永弁護団が『松永弁護団最終弁論要旨について、私の補充』と題する書面にまとめてくれていますので、その書面に私が署名指印した上で提出します。時間の関係上朗読は省略しますが、是非読まれて下さい。この書面で指摘している点は、どれも非常に重要な内容を含んでいますので、弁論要旨同様、判決では必ず答えて下さい」

 ここで松永が挙げた「松永弁護団最終弁論要旨について、私の補充」は、延べ10枚にわたって記された、松永弁護団による弁論要旨に、松永自身が加えた補足である。そこで松永は、〈××(原文実名)さんの供述には、意図的な誇張や、被害感情等の影響による無意識的な誇張が含まれている可能性があると思います〉といった、自分がさらに伝えたい、彼にとっての“有利な材料”を記している。

裁判・取り調べの不平不満を延々と

「この裁判で作業部会が設置されたことについては、弁護団から『集中審理を円滑に、迅速に、かつ、被告人の不利益がそれによってもたらされないようにするため』と説明を受けてきました。

 しかし、振り返ってみると、時間に追い込まれていたのは、常に私や松永弁護団の方でした。

 たとえば、純子に対する検察官主質問は、1日2時間程度、週1回のペースで進んでいったのに対し、松永弁護団の反対質問は、1日の期日を丸々使って行われたり、月曜日に質問をやったと思ったらその翌々日の水曜日にも質問をしなければならない、といった状況であり、私も弁護団も、尋問案作成などに苦心しました」

 こうした言葉に始まり、松永は裁判の進め方への不平不満を延々と口にする。そのなかには「戦時中の大本営のようにも思われました」との文言も登場してくる。

 さらに松永は、捜査段階での自身への聴取の様子についても言及した。

「公判でもお話ししたとおり、私に対する取調べは、それはもう酷いものでした。

 警察での取調べでは、仏像を目の前に置かれて、取調べの前に線香を上げてお経を唱え、取調べの後にも線香を上げるということがあり、仏教学校並みの取調べでした。

 A係長(原文実名、以下同)から(※ママ)は『早く自白、自供したら死刑から逃れることができる』と毎日私に説教していましたし、補助官のB刑事は、私の耳に数センチのところまで口を近づけて犬のように怒鳴り続け、驚いた別室の刑事が慌ててドアの窓から取調室の中を覗く有様でした。このときの耳鳴りは、暫く消えることはありませんでした」

「純子を警察や検察の思惑の方向に導いている」

 松永はそれからも延々と、自分がいかにA係長から般若心経を強要されていたかを口にして、話を転換させる。

「その中で、A係長は、『(緒方)純子は、わがままを腹一杯聞いてやったから、術中に落ちた』などと、いろいろ言っていました。

 A係長のその話を聞いて、『純子の取調官は、純子のよき理解者の振りをして、純子のストレスを和らげながら、純子を警察や検察の思惑の方向に導いている』と感じました。

 純子供述は、自白を内容とするものです。

 自白については、自白排除法則というものがあると聞いています。

 すなわち、強制・拷問による自白や、不当な身柄拘束後の自白、その他任意にされたものでない疑いのある自白は証拠とすることができないとされているのですが、純子供述がこれに引っかかるようなことになるヘマを、警察や検察が打つはずがありません。

 現代では、被疑者の精神の中に入り込んで、被疑者と協調する振りをして、捜査官の思惑通りに誘導していくことがなされているのです」

緒方に呼びかける「呪文」のように

 自らがこれまでに誘導を繰り返してきたことを鑑みれば、噴飯ものの主張である。しかし松永は、広田由紀夫さん(仮名、以下同)事件で緒方が殺意を認めていることについて触れ、次のようにも言う。

「長期にわたって、取調官と談話して、話をするわけですから、そこに、奇妙な連帯感と協調感が生まれ、これが『強制』や『拷問』や『脅迫』を凌ぐ力を発揮し、由紀夫さんに対する殺意を認める供述を生み出したのではないでしょうか。

北風と太陽』という童話がありますが、取調官は、純子にとって、まさに『太陽』だったのではないでしょうか。

『上が信用しない』とか、『「甲女(広田清美さん)の話と合わないから、純子がウソをついている」と言われた』という取調官の言葉が、そんな連帯感や協調感の中では、純子にとって、『強制』や『脅迫』以上のプレッシャーとなり得たはずです。

 純子供述については、是非そういった観点からも、信用性のチェックを行ってほしいと思います」

 この発言に至っては、裁判官への訴えだけでなく、法廷でこの言葉を聞いている緒方に対して、こちらに戻ってくるように呼び掛ける「呪文」でもあるように感じられる。

「甲女神話」に「純子神話」と表現し、検察批判

 松永はさらに「甲女神話」、「純子神話」という言葉を駆使して、検察批判を続けた。

「ところで、捜査段階では、純子も隆也さん(緒方の妹の夫)事案について聞かれていたときに述べていたように、『甲女神話』というのがまかり通っていたと思います。

 すなわち、甲女の言うことが絶対であり、花奈ちゃん(緒方の姪)もすのこに縛り付けられて通電されて死んだことにされており、孝さん(緒方の父)も唇に通電されて死んだとされていたのです。

 検察官は、論告の段階でも、甲女神話を完全には捨てきれず、花奈ちゃん事案について『本件における甲女供述の信用性にも捨てがたいものがある』などと言っているのですが、その様子は、大掃除のときに昔のものが出てきて、捨てようかどうしようか悩んでいる人の様子によく似ています。

 公益の代表者として2人の人間に死刑を求刑している検察官が、こんなことを言っているのは、いかにもおかしく滑稽であるといわなければならず、まさに、検察官も未だに『甲女神話』を捨て切れていないのです」

 これは、花奈ちゃん事件の審理において、花奈ちゃん殺害時の状況が、緒方と甲女の説明で異なることを揶揄しているものだ。松永は続ける。

「では、捜査段階で『甲女神話』が蔓延した後、法廷ではどうだったのでしょうか。

 法廷で『甲女神話』に代わって現れたのが『純子神話』でした。

 自分のやったことを認めているから、死刑になることを覚悟して供述しているのだから、『純子の言うことは信用できる』そして『純子の言うことが真実である』という前提があるかのように、純子が話す内容は、マスコミや報道を賑わせていました。

自らを「地動説」を唱える者になぞらえ、作家を批判

 直木賞を受賞したこともある著名なノンフィクション作家の大先生は、毎回のように法廷を傍聴し、純子の話を真実であるかのように『純子神話』を世間に開披し、『純子については死刑を回避すべきだ』とまで言うようになりました。

 そして、『純子が調書や被告人質問で語った(あるいは語ったとされた)内容は、すべて正しいものであり、これに対する批判自体許されない』と考えている人々の群れは、間違いなく存在しているものと思います。

 純子供述の内容そのものを分析検討した結果としてではなく、『無条件的に正しい』『見かけ上そのように見えるから正しい』というふうに印象と直感で物事を受け止める人々は、いわばかつての『天動説』の信者みたいだといえるのではないでしょうか」

 ここで松永が取り上げたノンフィクション作家とは故・佐木隆三氏のことである。

 そしてついに松永は、緒方の供述について「天動説」まで例に挙げ、自らを、真実を訴えながら、長らく支持されることのなかった「地動説」を唱える者になぞらえたのだった。

「『子供たちに会いたい』という思いを欠かしたことはなく…」

 長きにわたる最終意見陳述の最後に、松永は子供たちの話を持ち出す。

「私は、平成14年2002年)3月に逮捕されてから今日まで、子供たちとは会えない日が続いているのですが、『子供たちに会いたい』という思いを欠かしたことは1日もなく、毎晩のように、子供たちのことが夢に出てきます」

 平然とそう口にする松永は、いくつかのエピソードを挙げたあとで、次のように言った。

「私は、子供たちに言いたい。

 お母さんは、『お父さんに言われて人殺しをした』なんて言っているけど、お父さんがそんなことを言うはずがないということは、いちいち説明しなくても分かっているよね。

 そして、そのことは、この松永弁護団が書いてくれた『弁論要旨』という本を読めば、一層よく分かるからね、と。

『いつか会える』『必ず会える』という思いが、私にとって励みと力になり、今日まで頑張って来れたのです」

 空虚とは、まさにこのときのことを表すのだろう。やがて裁判長が結審を告げ、松永と緒方の福岡地裁小倉支部での審理は終了した。

(第89回へ続く)

(小野 一光)

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図