京都府京都市下京区のレストランで、43歳アルバイトの女が逮捕されたことが判明。その行動に怒りや驚きの声が上がっている。

 ​>>27歳無職男、「ウマ娘」の偽アカウントを出品し6万円だまし取る「そもそも禁止行為」怒りの声相次ぐ<<​​​

 女は下京区のレストラン2016年6月から17年8月の間、28回にわたりレジの会計を取り消す処理を悪用し、売上を実際の金額より少なく申告。差額の約18万円を懐に入れていた疑いが持たれている。

 不審な動きを感知した店の運営会社が調査した結果、容疑者が取り消し処理を多く行っていることが判明し、不正が発覚した。14日になり、警察が業務上横領の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、女は容疑を否認しているという。現在の社会ではレジに防犯カメラが設置されている可能性が高い上に、取り消し処理が多いという履歴が残っている以上、女が横領をしていた可能性は極めて高い。

 女の容疑に、「単なるミスが何度も発生する訳がない。売上の飛ばし、架空計上など、古典的なやり方だ」「会計の取り消しが発生することは運用上たまにはあるけど、繰り返すことはない。そういう時は、取り消した理由と金額を書いて提出するルールになっている」「実際はもっと多い可能性がある。まともな会計システムなら、取り消したリストが出るはずだけど…」「システムに詳しい人間だと、抜け穴を思いつく。最後は人間の性善説に頼るしかない」などと怒りや驚きの声が上がる。

 一方で、「自分が勤務していた飲食店でも、同じような操作で横領している人間がいた。もちろんクビになった」「うちにもいた。単純に金を抜くのではなく、会計をなかったことにするからレジがずれないんだよね」という指摘も出ていた。

画像はイメージです