【この記事の動画を見る】

インド、チャッティースガル州ラジナンドガオン(Rajnandgaon)地区の村で今月中旬、3つの目を持つメスの子牛が誕生した。ヒンドゥー教の「シヴァ神」が第三の目を持つことから、人々はその子牛を神の生まれ変わりと信じているという。『ANI』などが伝えている。

インド中部に位置するナワガアン・ロディ村の農場で14日、ジャージー種の母牛が額の真ん中に第三の目を持ち、4つの鼻の穴がある子牛を産んだ。

牛のオーナーであるへマントシャンデルさん(Hemant Chandel)によると、母牛はこれまで3頭の子牛を産んでいるが全て正常だったそうで、奇形の子牛のことをこのように語った。

「生まれた子牛を最初に見た時は、額に怪我をしているのかと思ったんだ。でも光を当てて見てみるとそれが目であることが分かってね。本当に驚いたよ。」

子牛の噂はすぐに広まり、へマントさんのもとには近くの村から次々と人々がやってきて、子牛をヒンドゥー教の“シヴァ神”の生まれ変わりと信じて崇めている。人々は線香やココナッツ、花などを持参して子牛に捧げているそうで、村人のニールクマール・ヴェルマさん(Neelkumar Verma)は「3つの目の子牛なんて初めて見るよ。3つの目を持つのはシヴァ神だけだからね。これは神の奇跡だよ」と喜びを露わにした。

さらにへマントさんは、「子牛は尻尾もシヴァ神に似ていてね。まるで編みこまれた髪のようだよ」とも明かしており、子牛が誕生した14日が「マカール・サンクランティ」という春の訪れを祝うインドの祝日であることから、なかには「子牛の誕生は単なる偶然ではなく、宗教的に重要な意味があるに違いない」と考える人もいるという。

子牛はすでに獣医の診察を受けており、「健康状態は良好」とのこと。ただへマントさんは「子牛は通常よりも舌が長くてね。母牛からお乳を飲むのが難しいので、私たちの助けが必要なんだ」と明かした。

一方で獣医のカムレシュ・チャウダリ氏(Kamlesh Chaudhary)は「奇形の子牛の誕生は、胚の発達に異常があったために起きたこと。こういった子牛は体が弱いことで知られており、神の奇跡とは言い難い」と述べている。

ちなみに昨年5月にもイギリス第三の目を持つ子牛が誕生していたが、飼い主は「特別な待遇をすることはない」と述べていた

画像は『HipHopGet 2022年1月17日付「People queue up to worship rare calf born with three eyes and four nostrils in India」』『ANI 2022年1月17日Twitter「Chhattisgarh| Three-eyed cow born in Rajnandgaon district」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト