タレント・ヒコロヒー(32歳)が、1月18日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。松竹芸能の社長から、安田大サーカスクロちゃんと共に「二枚看板」と言われたと語った。

この日、芸人の悩みがテーマとなり、ヒコロヒーは「私、松竹芸能という事務所なんですけど、本当にこう、周りから『松竹芸能最近あんまり元気ないね』って言われることが、とっても多かったんですよこの10年ぐらい。でも、今年私がバーっとお仕事させていただくようになって、事務所の人間がすごい喜んでくれて。ようやく松竹も元気出て来たとなって、最近社長に『ヒコロヒー頑張ってよ、ヒコロヒーが頑張ってくれなアカンで』と言われる」と社長から期待されていると話す。

そしてヒコロヒーは「それは全然『頑張らしていただきます』なんですけど、(社長から)『これからの松竹芸能の二枚看板はヒコロヒーとクロちゃんやからな』って言われたんですよ」と話し、MCの明石家さんまは「もうつぶれたな、松竹つぶれました」とからかった。

ヒコロヒーは「松竹芸能って本当に歴史のある事務所で、(笑福亭)鶴瓶師匠と桂春団治師匠の二枚看板とか、ますだおかださんとよゐこさんの二枚看板とか。クロちゃんとヒコロヒーの二枚看板ってVシネのエキストラ事務所みたいな。あんなハイトーンボイススキンヘッドと、この訳分からんロン毛の女でどんな二枚看板の事務所やねんと思って。大丈夫?と。めっちゃ変な事務所じゃない?と思うんですよね、自分は」とコメント

最後にヒコロヒーはプレッシャーを「正直そうですね。鶴瓶師匠も会う度がんばれがんばれって言ってくださるので」と語った。