コナミ1月19日(水)、デジタルカードゲーム遊戯王 マスターデュエルの配信を、PC(Steam)をはじめとするいくつかのプラットフォームにおいて開始した。なお、アプリダウンロードは可能だが、Steam版などでは起動時にメンテナンス中」と表示される状態となっており、正式サービスの開始が待たれる

画像はSteam版のもの

 本作は、トレーディングカードゲーム遊戯王OCGに準拠したルールオンラインで遊べる基本プレイ無料タイトルで、今冬中の正式サービス開始が予告されていた。1万種以上のカードを収録し、家庭用ゲームをはじめPCスマートフォンタブレットなど幅広い端末でのクロスプレイに対応することから、多くのファンの期待を集めている。

 チュートリアル要素も充実しており「『遊戯王OCG』を遊んだことがない」「昔に遊んだだけで最新のルールが分からない」というプレイヤーも安心して楽しめる仕様になっているようだ。ひとりでじっくりとやり込めるソロモードも搭載され、ここではカードにまつわる物語を味わいながら、デュエルの腕を磨くことができる。

(画像はニンテンドーeショップ『遊戯王 マスターデュエル』配信ページより)

 今後、正式サービスの中ではさまざまなイベントや大会が予定され、現行のルールだけではない、特殊なレギュレーションを用いる場面もあるという。

 また、コナミの提供する公式サポートアプリ遊戯王ニューロン』との連携にも対応カードデータベースから世界中のプレイヤーデッキ内容を調べ、参考にすることも可能だ。デッキの動き具合を確認するための「お試しドロー機能」は、デッキの枚数分まで行うことができる。

(画像はニンテンドーeショップ『遊戯王 マスターデュエル』配信ページより)

 『遊戯王 マスターデュエル』はNintendo SwitchPS4PS5Xbox OneXbox Series X|S、PC(Steam)向けにアプリの配信を開始。後日には、App Store、Google Playでも配信される予定となっている。

『遊戯王 マスターデュエル』公式サイトはこちらニンテンドーeショップ『遊戯王 マスターデュエル』配信ページはこちらPlayStation Store『遊戯王 マスターデュエル』配信ページはこちらMicrosoft Store『遊戯王 マスターデュエル』配信ページはこちらSteam『遊戯王 マスターデュエル』配信ページはこちら