今から約8年前、がんで舌の左側を切除、再建する手術を受けた女性が、自身の経験を『SurvivorNet』などにリアルに語った。つらいことも多々あった女性だが、闘病中は家族が支え、現在はポジティブに人生を楽しんでいるという。

米コロラド州コロラド・スプリングズに住むキャメロンニューサムさん(Cameron Newsom、42)は2013年5月、舌がんと診断された。

実はキャメロンさん、診断がつく3年前と2年前に左側の舌に白い斑点ができ、がんを疑って生体組織診断(生検)を受けたが、結果は2回とも陰性だった。

しかしその後、白い斑点部分に痛みを感じて歯科医院を受診、感染症の可能性を指摘され抗生物質を処方してもらったものの症状は悪化し、患部がピンク色に変色していったという。

次第に舌の痛みでほとんど食事ができなくなったキャメロンさんは体重が3キロ以上減り、「さすがにこれはおかしい」と再診。そこで耳鼻咽喉科を紹介され、3度目の生検で初めて、舌の粘膜の上皮から発生する「扁平上皮がん」と診断された。すでにステージ4だった。

キャメロンさんは「ステージ4というと、死の宣告を受けたようなもの。でも当時の私は33歳で『がんと闘ってやる』という気持ちでいっぱいだったの。体操コーチをしていて身体を鍛えていた私は、なぜ自分ががんになったのか不思議に思ったほどよ」と振り返る。

こうして診断から2か月後の2013年7月、キャメロンさんは3か月をかけて3サイクルの化学療法を受けた。治療は順調でがんは縮小したものの、当時のことを「髪が抜けはじめ、食事もできなくなり、いつもうつ状態で地獄だった。息子は当時5歳で、精神的にかなり滅入っていた」と明かしている。

そして同年12月、がんの治療では最先端をいくテキサス州のMDアンダーソンがんセンターで9時間半に及ぶ手術を受けた。医師は舌の左側半分を切除し、キャメロンさんの太腿の皮膚組織や筋肉を移植して舌を再建した。

キャメロンさんはその後、呼吸がしやすいように気管切開を受けており、9週間で残ったがん細胞が取り除かれた。

「手術後6か月も経管栄養で過ごさなければならず、話すこともできなかった。あの頃が一番つらかった。移植した舌からは毛が生えてきて、気持ちが悪かった」と明かすキャメロンさん。それでも放射線治療が終わると、話すこと、食べること、飲み込むことなどを最初から学ぶリハビリを開始、2014年6月には補助なしで飲食ができるようになり、仕事に復帰した。

手術から約8年が経過し、キャメロンさんはこのように語っている。

「実は味覚があるのは右側の舌だけ、唾液が出るのも右側だけよ。左側は歯肉にくっついているから、右側だけで噛むしかないの。それに舌を突き出すことができないから、(アイスクリームなどを)舐めることはできないわね。」

「食事中に口から食べ物がこぼれてしまうこともあって、私のマナーは決して良くないわ。最悪なのは舌の下に食べ物が入ってしまう時よ。まるで靴の中に石が入ってしまったような感覚なの。」

なお手術後の味覚や症状は患者によって違うそうだが、キャメロンさんは今のところ再発や転移はないとのことで「夫(42)と息子(14)の支えがあったこそ、ここまでこられたの。仕事も順調で、前向きに人生を楽しんでいるわ」と笑顔をみせている。

画像は『The Daily Star 2022年1月18日付「Mum who lost half her tongue in cancer fight has new one made from her leg」(Image: Cameron Newsom / SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト