女性・泣く・涙・うつ・鬱

まだ12歳の息子を家から連れ出し、モーテルへ。そこに隠し「死んだんです」「検視の最中」などと真っ赤なウソをついた母親について、『New York Post』などアメリカメディアが伝えた。


■学校に行かなくなった少年

アメリカテネシークラークスビルで暮らす男の子(12)が、ある時期から学校に通わなくなった。

自閉症を持つ男の子の無断欠席が続いたため、昨年10月29日に学校職員が母親(39)に連絡。「息子さんはなぜ学校を休んでいるのですか」と聞いたところ、母親は「2日前に発作を起こして死んでしまったのです」と答え、職員を驚かせた。


関連記事:父親に殺されかけ瀕死の重傷を負った少年 警察官が養子に迎え家族の一員に

■寄付集めがスタート

男の子が死んだと聞き同情した学校側は、さっそく寄付を募る活動を開始。「せめて葬儀費用を集め、ご遺族を助けよう」と努力した。

その過程で学校職員は葬儀場にも連絡したが、「男の子の葬儀を執り行う予定は一切ありません」と言われ慌てた。そこで再び母親に連絡したところ、「(葬儀場に連絡していないのは)検視が終わっていないからです」と言われたという。

遺体を管理する病院名も聞かされたことから、学校側も納得したそうだ。

■意外な事実が判明

11月16日のこと、学校職員は男の子に支給してあったノートパソコンが起動されたことに気づき、「やはりこれはおかしい」と考えた。

さっそくパソコンの利用場所を確認すると、男の子の自宅ではなくモーテルであることも判明。職員の通報を受けた警官がモーテルに様子を見に行き、客室にいる男の子を発見した。男の子は生きていたが世話をする人はおらず、たったひとりで取り残されていたという。


■逮捕された母親

警察に事情を聞かれた母親は、「ここ2週間ほど息子をあのモーテルの部屋に滞在させています」と告白。しかし完全に捨てたわけではなく、「毎日、もしくは1日おきに様子を見にモーテルに通っていました」などと話したという。

この件で母親が逮捕されたが、男の子をいつまで隠しておくつもりだったのかなど、不明な点も多いようだ。まだ12歳、障害もある男の子が無事だったのは、不幸中の幸いだった。

・合わせて読みたい→マスクを児童の顔に貼り付けた小学校教師 保護者は「転校も検討中」と激怒

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

「息子が死にました」と嘆く母親 学校が葬儀費用を集るもすべて嘘と判明