日本を代表する2大文学賞のひとつ、直木賞における第166回目の選考会が1月19日(水)に都内で開催され、今村翔吾氏の『塞王の楯』と並び米澤穂信氏の『黒牢城』が受賞作に選ばれた。

 ミステリー作品を中心に日常の謎を描いた青春小説などの作風で知られる米澤氏だが、なかでも商業デビュー作の『氷菓』をはじめとする〈古典部〉シリーズは、テレビアニメマンガ、映画といった多数のメディアミックス化が行われている。

 今回の受賞作『黒牢城』は、戦国時代を舞台とした歴史ミステリー小説。織田信長に背いて「有岡城」へ立てこもった武将の荒木村重が、説得に来た織田方の軍師・黒田官兵衛を牢獄に幽閉したという史実が元になっており、城内で起きる怪事件を黒田の力を借りて解決していく。

 同作はこのミステリーがすごい!を筆頭に2021年度に発表されたミステリー小説アワード数々の首位を獲得。大手ショッピングサイト「Amazon」の日本文学カテゴリーでも売れ筋ランキング1位の座を占めるなど一般読者からの人気も高い(執筆時点)。

 また米澤氏はゲーム好きな一面を持つことでも知られ、朝日新聞社が運営するウェブサイト「読書好日」のインタビューにおいて、自身のゲーム遍歴を披露している。特に1995年に発売されたシミュレーションRPGタクティクスオウガをお気に入りの作品として挙げ、タイトル名は明かされていないものの、とあるゲーム日本人ランキングの1位に輝いたという逸話にも同記事では触れている。

 なおSNS上では同氏の受賞を受け、セガの対戦アーケードゲーム電脳戦機バーチャロンも登場した『氷菓』テレビアニメ版の第21話が話題となっている。これを機にアニメ版を視聴する者が増え、同エピソード内でキャラクターらが部室で遊ぶシーンが披露されたダブルクロスThe 3rd Edition』にも注目が集まるのではないかと、TRPGファン界隈からも熱い期待が寄せられているようだ。

米澤穂信氏のTwitterはこちら京都アニメーション『氷菓』公式サイトはこちら