20日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、全豪オープンを欠場した男子テニスの世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手の騒動を特集。出演者のお笑いコンビフットボールアワーの岩尾望の発言に、批判が集まっている。

 ​>>坂上忍、日本政府は「ふにゃふにゃしながら迎え入れちゃう」ジョコビッチ騒動で政府批判し疑問の声<<​​​

 全豪オープン出場の意思を見せていたジョコビッチ選手だったが、オーストラリア政府が入国のため義務づけている2度のワクチン接種をしておらず、接種免除に必要な証明を示さなかったとしてビザを取り消されることに。この日、番組ではジョコビッチ選手が今後、三大会全てに出場できない可能性があることや、ワクチン接種を拒否する理由について紹介していた。

 そんな中、話を振られた岩尾は、今度もコロナ禍が続いていく可能性があることに言及。その上で、「『アスリートとして身体に科学的な分からないものを入れたくない』って考えの人がいるのならば、大会、競技を続けるために、これくらいのトップ選手なら、お金出し合ってオーガニックワクチンみたいなのを開発するのは?」と提案した。

 これにMCの坂上忍らは苦笑いしていたが、岩尾は「みんなで考えて、自分に合うもの? 分からないですけど、アシタバとケールを煮詰めたもので……」と指摘。「そういう自然派の考え方は、そういうもので守れるみたいなのを考えていった方が。もし(コロナ禍)が続いていくのなら」と話していた。

 しかし、この岩尾の発言に、ネット上からは「馬鹿にしてる」「それ打ったからって今回のような問題の解決にはならない」「何言ってんだ?」「ただの青汁じゃん」「ワクチンがどういう物か分かっていない」という呆れ声が集まってしまっていた。

 ワクチンの効果にも誤解を与えかねない発言となってしまったようだ。

フットボールアワー・岩尾望