(田中 美蘭:韓国ライター

JBpressですべての写真や図表を見る

 韓国の高齢者世代には、「親に孝行を尽くす」ことが最大の美徳とされる、儒教の影響が色濃く残っている。韓国の昔話には自分を犠牲にして親を救う話もあり、「親の老後の面倒は子が見ることが当然」「介護は長男の嫁が行うもの」「介護に施設やヘルパーなど他人の手を借りるべきではない」など、子供への期待と執着が大きい。

 だが、高齢者世代の理想は今、大きく崩れ始めている。その背景にあるのは日本以上に加速度的に進行を続けている少子高齢化だ。

 特に、「家族」というものに対する執着が強い韓国の高齢者世代には、子供たちに何かをしてもらうことで幸福や優越感に浸る傾向がある。高齢者が集まれば、息子や娘、その配偶者の自慢話で盛り上がることはよくある光景である。

 また、子供に関しては男児を生むことが重要とされ、男児が望まれるあまり、妊娠中に性別が女児とわかると中絶出術を受けるケースが後を絶たない。2000年代に入るまで、韓国では医師が出産まで妊婦に性別を知らせることを禁じる法律があったほどだ。

 ただ、この10年ほどで、高齢者の言葉が変化し始めていると感じる。韓国の高齢者はよくも悪くも話好きで、特に子供を連れていると、よく話しかけてくる。その中で、話題が子供の性別などに及ぶと、「娘は必ずいた方がいい」という言葉を耳にする。

 昨今は女性の妊娠、出産、育児になどに第三者が口出しするのはハラスメントにもなりやすくタブー視されるものだが、子供の性別について「娘、息子なら200点、娘2人なら100点、息子2人なら50点」など、ジェンダーの観点から炎上しかねない表現もある。

 高齢者が「娘を……」と口を揃える背景には、「マメに連絡をして顔を見せてくれたり、病院や買い物の付き添いを率先してやってくれたりするのは娘だ」という事情があるようだ。若い頃から呪縛のように、「男児は家の継続のために必要」「長男は特別」という価値観が染み付いた高齢者が、今になって「いざとなったら息子よりも娘が親のことを気にかけてくれる」としみじみと語るのは何とも皮肉な話である。

 息子であろうと、娘であろうと、根底にあるのは、いまだに「子供は自分の老後のためのもの」という考えだろう。

 中には息子や娘に住宅の購入資金を出すからと、「週に一度は親との会食」を義務付け、入院時の世話やその他細かく記した契約書を交わす親も珍しくない。

心許ない韓国の年金制度

 核家族化、晩婚化と共働き世帯の増加に伴って女性の出産年齢は上昇している反面、非婚や、結婚しても子供を持たないことを選択する若年層が増えており、もはや韓国の高齢者にとって「子供がいるから老後は心配ない」ということは過去の話だ。

 もちろん、子供たちも親をないがしろにしようとしているのではなく、自分たちの生活で精一杯というのが本音であるように思う。

 前述のように、韓国では、老後の生活は子供や親戚同士で助け合うことが一般的だったため、年金制度が開始されたのは1988年と、日本と比較すると日が浅い。

 韓国の年金制度は「国民年金」と「特殊職域年金」の2つに分けられる。前者は会社員や自営業者、後者は公務員、私立学校の教員、軍人といった職業の年金だ。これらの年金は老齢年金としてだけでなく、日本と同様に、遺族年金や障害年金といったセーフティーネットの役割も果たしている。

 その中でも、特殊職域年金の方は職業的にも安定しており手厚い反面、国民年金の方は加入者の失業や廃業などにより、納付が滞るケースも起こりやすい。

 ちなみに、韓国の国民年金の支給額の平均は64万ウォン(日本円で約6万1000円2020年時点)と、日本とそれほど変わらないが、食料品を中心に物価上昇が著しい韓国で年金だけで生活をしていくのは厳しい。

 20年ほど前は、子供と同居して旅行に行くような高齢者も大勢いたが、自治体による高齢者向けの就業プログラムも始まっており、生活費を稼ぐために就労を続ける60代も多い。「60を過ぎたら悠々自適の隠居生活」というのは韓国でも過去のものとなっている。

 現在でも厳しい高齢者の生活だが、若年層の不安定な雇用情勢や少子高齢化に伴う人口バランスの変化により、現在の30代以下は将来的に年金制度が破綻し、受給できなくなるという不安が高まっている。年金制度の見直しを求める声も根強い。

 3月に大統領選挙を控えており、各党の大統領候補は票獲得のために若年層に対するバラマキのような政策を打ち出している。肝心なのは、その若年層が中高年になった頃を含めた長期的なビジョンを示すことだ。年金制度についても言及するべきだが、今のところ論点にはなっていない。

両親を道連れに自殺したアイドルの父

 2014年1月にアイドルグループSUPER JUNIORのメンバーイトゥクの父親(当時57歳)が自分の両親(同79歳、84歳)を道連れに無理心中を図るという衝撃的な事件が起こった。

 この事件は、人気アイドルの家族に起こった悲劇という点でセンセーショナルに伝えられたところもあるが、現在の韓国社会、ひいては日本社会が抱える「老老介護問題」を如実に現していた。

 イトゥクの父親は「両親は私が連れて行く」と遺書を残していたと言われている。さらに、自身の事業が失敗して心身が不調だった上に、両親は揃って認知症を患っており、(イトゥクの両親は離婚していたため)父親が1人で両親の介護を行っていたということが明らかにされている。

 イトゥクの父が長男であり、年代的にも前述のような子供が最後まで親を見るということへの重責、「介護施設=親を捨てる」「介護は家族だけの問題」という先入観が父親を追い詰めたのだろう。

 イトゥクの父親の悲しき事件から8年が過ぎた現在、韓国でも街中に多くの老人介護施設や病院やデイケアセンターのような施設を見かけるようになった。その数は、2010年頃の2281軒から2倍以上とも言われている。

 その背景には、高齢者の増加とともにニーズが高まっていること、家族内だけで介護することが現実的でない家庭が増えていること、老後や介護に対する考え方が変わりつつあるということ──が挙げられる。

 これまで、介護施設の多くが都市部から離れた田舎の不便な場所に建てられていたということも、「介護施設=親を捨てる」という印象を強くさせていた。ただ、最近ではソウルや釜山の近郊など、都市部でも介護施設の建設ラッシュが続いている。

 ただ、ニーズが高まっているとは言え、施設の当たり外れが大きい。設備やシステムがしっかりしているところほど、入居費が高く、経済力がモノを言う面は否めない。介護施設間の格差も大きいのが現状だ。

 ホテルのような豪華な造りや設備、介護システムを整えた最新型の施設は当然のことながら高額な費用が必要だ。低予算での入居が可能な施設もあるものの、こうしたところは雑居ビルの中にあり、設備が十分とは言い難い。先日も慶尚北道(キョンサンボクド)の介護施設で、80代の認知症の女性が施設のスタッフから暴行を受けていた事例が明るみに出るなど、介護施設内でのトラブルも問題になっている。

日本以上に厳しい少子高齢化のツケ

 日本と韓国を一括に同様と見なすことはできないが、抱えている問題に共通点は多い。少子高齢化がさらに進めば、独居の高齢者は増加する一方、若者を中心とした労働力は減少し、経済を低迷させていくであろうことは容易に想像できる。日本も同様だが、将来的な少子高齢化は予測されていたことにもかかわらず、有効的な対策をせずに来たツケがいよいよ現実的になっている。

 韓国や日本のみならず、中国や台湾などアジアの多くの国でも少子高齢化による老後の問題に直面している。それも、儒教をベースにした家族主義とも言える思想に加えて、高齢者と若者間でのライフプランなどに対する考え方に大きな違いがあるからだろう。

 根本的な解決策は難しいが、子供や若者が将来に希望を持てるような国になると同時に、厳しい話だが、中高年が自身の老後に自分で責任を負う必要があるということなのだろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「呪術廻戦」のヒットに見る最悪の日韓関係を両国が乗り越える日

[関連記事]

鉄条網を乗り越え韓国にたどり着いた脱北者が独裁国家に戻る理由

バイデン政権の1年で露呈した「南北戦争はまだ終わっていない」

シャンチー(Chinese Chess)に興じる韓国の高齢者(写真:ロイター/アフロ)