東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、2024年1⽉より順次「固定電話のIP網の移行する」ことについての今後のスケジュールについて発表し、そのなかでインターネットサービスの「テレホーダイ」が終了予定であることを明かした。

(画像は「固定電話のIP網への移⾏後のサービスについて」(PDF)より)

 「テレホーダイ」とは、1995年に開始した深夜・早朝帯(23時から翌日8時までの9時間)に限りユーザーが選択した2つの電話料金が定額となる割引サービステレホ」とも略される。また「INSテレホーダイ」は、テレホーダイISDN版である。

 パソコン通信インターネット黎明期では、接続時間による従量課金が主流だった。そのため電話回線を使うダイヤルアップ接続では、インターネットをやりすぎてしまうと10万円を超える額の電話代が請求されてしまうということがしばしばあった。

 そのため通信時間に関わらず月ごとの料金が一定になる「テレホーダイは、当時、ユーザーにとってはありがたいサービスとなり、深夜から朝方になるインターネットを使うユーザーが急増したり、インターネットの普及に貢献した。

(画像はテレホーダイ|よくかける電話番号への電話料金を安くしたい(加入電話)|割引サービス|割引・オプション|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本より)

 なおテレホーダイの時間帯を超えると、定額料金とは別に電話代が請求されるので、テレホーダイを契約していても、莫大な電話代が請求されてしまうユーザーはいた。

 一方で、2000年代になるとフレッツISDNADSL光回線などが普及しはじめたため、テレホーダイはその役割を終えようとしていた。

(画像は2ちゃんねる(現5ちゃんねる)「お前らテレホ使ってる貧乏人に一言逝ってやれ!!!」より)

 光回線ADSLもすぐに普及したわけではなく、地域によっては利用できない環境もあったため、ADSLが登場してもしばらくはテレホーダイを使い続けるユーザーもいた。

 そのため光回線ADSLユーザーから、テレホーダイユーザーに対してダイヤルアップ接続の低回線速度(56kbps)がネタにされたり、テレホーダイの時間帯に活動しだすユーザーを指して「テレホマン」という言葉とともにアスキーアートキャラクター化されるなど、インターネット黎明期を象徴するサービスとなっている。

 今回のテレホーダイの終了の発表にも「お世話になった」、「まだテレホーダイ続いていたのか」など、インターネット黎明期を思い出す反応が多く見られるものとなっている。

NTT東日本「固定電話のIP網移行後のサービスについて」はこちら「テレホーダイ」の詳細はこちら