育毛サロンと病院の違いって?各々の施術内容を比較してみよう
育毛サロンと病院の違いって?各々の施術内容を比較してみよう

薄毛の治療及び改善のための施術を受けられる施設として、育毛サロンと病院があります。

この二つの施設の違いを、それぞれの施術内容や特徴を合わせてご紹介します。

育毛サロンと病院の違い

育毛サロンと病院の最も大きな違いは、医師の有無です。

病院は医療機関のため医師が在院していますが、育毛サロンには医師がいません。

そのため医師の処方箋が必要な治療薬の使用や治療がおこなえません。

病院の施術内容

病院では男性型脱毛症の治療をおこないます。

血液検査などの検査によって、薄毛の原因が男性型脱毛症なのかを調べることもできます。

主な施術内容は薬物療法です。

フィナステリドやミノキシジルに代表される内服薬、外用薬を使用し男性型脱毛症の治療をおこないます。

内服薬、外用薬は男性型脱毛症の治療には高い効果が期待できますが、そのほかの原因による薄毛の改善には効果があまり期待できないのです。

また男性型脱毛症の治療に使用するフィナステリドやミノキシジルには、副作用リスクもあります。

そのため治療内容が合わない場合もあります。

育毛サロンの施術内容

病院での施術は発毛を目的としていますが、育毛サロンの施術は育毛を目的としています。

育毛と発毛は良く似た言葉ですが、意味はかなり違います

育毛サロン髪の毛を生やすことよりも育てることに重点を置いた施術を施しています。

頭皮へのマッサージやエステなど、頭皮の環境を正常な状態に整えるための施術が主な内容です。

また頭皮の健康状態を維持するための生活習慣や頭皮ケアのアドバイスも充実しています。

使用する育毛剤は医師の処方箋が必要無いものを施します。そのため副作用リスクが少なく安全性が高いです。

男性型脱毛症以外の原因による薄毛の改善にも効果が期待できるのが特徴です。

育毛サロンと病院での施術の違いは、医師が必要な治療が施せるかの違いが大きいです。

男性型脱毛症の治療を主にしている病院と髪の毛を育てる施術を主にしている育毛サロンでは施術内容が大きく異なります。

自分に合った方法で薄毛対策を行いましょう!

関連記事

大手育毛サロンバイオテック」って効果あるの?実際に行って検証してきました!

「富士額の毛はどうしてなかなか伸びないの?」