画像はイメージ

体力は人によって様々。元気な人は仕事もバリバリやって、毎日しっかり3食食べて、休みの日も朝早く起きてキャンプだの何だのを楽しめるだろう。一方で体力がない人は日々の最低限の仕事や家事をやるだけで精一杯。休日ともなればひたすら平日分の疲労を癒すために横になるだけ。

これ、どっちが悪いとかいう話ではなく、そもそも個々人の”最大HP”の差から生じる違いだと感じる。HPが低い人は月曜日に備えてしっかり休まないと体が持たないのだ。(文:松本ミゾレ)

月曜日からまた激務やと思うとつかの間の平穏は心を落ち着けたくなってまう」

先日、5ちゃんねる「ワイの土日、HP回復しかやることがない」というスレッドが立っていた。スレ主は「平日7時~22時まで拘束されとる」と過酷な日常について書き込んでおり、さすがに土日ともなると体力を回復することを優先。「街に出る元気もない」とも主張している。

スレ主は既にこの生活に限界を感じているようで「月曜日からまた激務やと思うとつかの間の平穏は心を落ち着けたくなってまう」と本音を吐露している。そうだよなあ、朝早くから晩遅くまで仕事で拘束されているんだもの。その上で土日にどっかに繰り出す余裕なんかないだろう。

しかし、スレッドを読んでみると、元々HPが高いのだろう。スレ主の苦境をそもそも理解出来てない人の声も目立つ。

「平穏時間あるから平日に頑張れへんねん。遊んだ方が活力湧くわ」
「だから土曜は心の緊急モードを使って朝から遊びに行く。限界がきて1日半寝ることによって月曜には全快や」
「新卒一年目ワイは土日もどこで遊びに行かんと13時間勉強しとる。最初はきつかったけどこのくらい束縛されとった方が充実するって気付いたわ」

と、このようにまるでスレ主の実情に寄り添ってないアドバイスがチラホラ。そういうことじゃないんだよねえ……。

スレ主自身はこの状況をどうにかしたいと思っているようだが、「最大HP上げるべきなのは分かるんやが筋トレやれる体力が土日しかない」とも書き込んでいる。土日は彼にとっては休息のためにあるもの。最大HPを上げるトレーニングをしている場合ではないのだろう。と言って平日22時以降にジム行くか? って話になると、それはそれで彼には無理だろう。

在宅でテレワーク状態でも疲れる

ところで僕もとにかくHPが低い。サラリーマン時代はスレッドの彼のように、休日はずっと家にこもって横になって過ごしていた。それはそれは暇だけど、だって疲れて動けないんだもの。これで無理に外出しても結局体力が回復せず、翌週のパフォーマンスも最悪で上司に怒鳴られたこともあったし。

HPの低い人にとっては、休日は文字通り休む日なのだ。あまりに休日に外出しないうえに、当時の彼女とも家の中でデートする以外の選択肢を提示しなかったので終いには「全然面白くない」とか言って振られたこともある。それから時は経ち、今はさらに最大HPも減ってきている。

今はコロナ禍ということもあってほとんど取材に出掛けることもなく、原稿、原稿、また原稿。たまに電話取材やインタビュー起こしをするばかり。つまり120%在宅テレワークで仕事をしているが、それでもすぐに疲れてダウンしがちだ。

一方で身近には、最大HPがかなり高いのか、朝5時に起きて夜は21時近くに帰宅し、土日ともなればやはり5時に起床し、資格の取得のために勉強をし、外出もしっかりする人もいる。

もう、こういう人は僕にとっては怪物のようなもので、到底同じ生き物とも思えない。しかもその中には、僕より一回り年上の人まで混ざっているし。そういう人たちの生活に、スレ主みたいな人が負けじと食らいついても、やっぱり体力的な問題で振り落とされるのが関の山。

とは言えスレ主は、HPが低いことを言い訳にせず、朝から晩まで働いているのだ。そんな人が土日にただただ休んでいるだけのことを、あんまり「勿体ない」とか「遊んだ方が活力つくよ」とか言っちゃダメだ。

「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね