画像はイメージ

結婚したら奥さんに自分の趣味について文句を言われた、みたいな話をたまに耳目にする。
酷い場合は、旦那さんが留守中に私物を勝手に二束三文で処分しちゃうような奥さんもいるなんて話もある。

こういう悲しい事例を見るたび、オタクの僕は心底同情してしまうところだ。しかし一方で「結婚前に相手が自分の趣味を見る目とか、ちゃんと観察してたのか?」という気にもなってしまう。

いくらなんでも、結婚していきなり豹変する奥さんなんてそうそう多くないはず。大抵は結婚前の交際時から、彼氏の趣味に対して無理解だったり、ちょっと嫌悪感を抱いている様子が見え隠れしていたのではないか、と思うのだ。

今日は、そういう彼女からの「あんたの趣味、全然理解できへんわ」なサインに関する話をしていきたい。(文:松本ミゾレ)

高校のときからバイトして買ったロードスター

先日、5ちゃんねる「彼女(34)「『結婚したいならまずオープンカー捨てて』 俺(26)アッアッアッアッ……』」というスレッドが立っていた。いわく彼女からは「どう考えてもいらんやろ?」と処分を迫られているという。

しかしスレ主は、愛車のロードスターは高校の時からバイトして貯めたお金で買った初めての車なので、売却は惜しいと考えているという。これに対して具体的にどう抗弁したのかの言及はないのでこの顛末は分からない。

が、スレッドでは「彼女を捨てろ」だの「その調子なら結婚したら何捨てさせられるかな」など、彼女側を否定する声が多い。僕もスレッドタイトルを読む限りではそっちになびきそうになるが、実際のところ具体的な会話の内容が一切ないので、これだけを読んで「酷い彼女だ」とか思うこともできない。

スレ主もスレ主で大概な性格をしてる可能性だってある。

ただ、そんな彼女が実在していたのであれば、僕は「かなり良心的な女性だなぁ」と解釈してしまう。だって結婚前に究極の二択を彼氏に強いているわけだから。結婚するまで黙ってて、結婚した瞬間になって「ロードスターいらんやろ」とか言い出すより、はるかにマシだろう。

車との思い出を取るか、彼女との結婚を取るか、選べるだけマシだよね

世の中には、結婚してから伴侶が豹変して苦労する人が男女ともに大勢いる。それに比べれば件の彼女なんて、最初に明確な要求を突き付けているだけ、かなり良心的ではないか。

ロードスターを取るか、自分と結婚するか。これを彼氏に選ばせているんだもの。当人が意識してそうやっているかは分からないけど、なかなかないよ、彼氏にとってはこういう選べるチャンスって。

結婚してからグチグチと車の処分を要求するような女性でないだけ、だいぶいい。どちらを取るかは悩ましいところだが、結婚前にそういう問題が発生したことは幸いだったと思うに限るだろう。

ちなみに僕も色んな趣味があるものの、彼女に「それ捨てて」と言われたらその場で別れると決めている。これまで1人だけそういう女性がいたが、完全にすっぱりと切ってしまったし、後悔も一切ない。趣味と彼女を天秤に掛けて、彼女が重くなるような男はつまらん!

結婚前の彼氏にオープンカーの処分を要求する彼女 でも、早めにこういうトラブルが起きて良かったのでは?