(藤原 修平:在韓ジャーナリスト

JBpressですべての写真や図表を見る

 また韓国で日本のことがやかましくなってきた。ちょっと前まで賑々しかった「ノージャパンキャンペーン(日本不買運動)」が下火になったと思ったら、最近は報道番組で、「アベ」という言葉が何かと飛び出てくる。

 安倍晋三・元総理大臣のことである。首相を辞任してから1年以上も経っているのに、韓国人はどれだけこの人のことが好きなのかと思ってしまうほどだ。とにかく安倍氏の一挙手一投足が気になっている様子が、報道からうかがわれる。

 しかも興味深いことに、菅政権時代よりも今の岸田政権になってからのほうが頻繁に安倍氏のことが話題にのぼるようになった。菅政権は安倍政権の政策をほぼ継承していたから、韓国人にとっては安倍氏が2人現れたような形になって、安倍氏への注目が低下していたということかもしれない。

頻繁に日韓首脳会談に臨んだ安倍氏

 韓国の文在寅ムンジェイン大統領は、2015年末に日韓間で交わされた慰安婦合意に対して一貫して批判的な政策をとってきた。安倍氏はその文大統領と積極的に対話を続けていたのが印象的だ。2017年5月に文政権が誕生して以降、同年には7月と9月の2回、翌2018年には2月、5月、9月の3回、そして2019年には12月に日韓首脳会談が開かれている。

 だが、それから約2年あまり、日韓首脳会談は開かれなくなってしまった。もちろん、両政府がまったく動かなかったわけではない。菅政権時代の2021年7月には、東京オリンピックの開催に合わせて文大統領が来日し、その折に日韓首脳会談を開く方向で両国間の調整が行われていた。だが、日本の外交当局者から協議内容が流出した旨が報じられると、韓国政府が強く反発して会談は霧散してしまった。

 とはいえ、この首脳会談が実現されていたとしても、コロナ拡散の状況を考慮すると、さらに韓国の印象を悪くすることになったのではないかと思われる。というのも、これはあくまでも私個人の意見であるが、強制徴用の賠償や慰安婦合意の反故を強引に進める相手との根本的な関係改善は、そう簡単には期待できないからだ。

 韓国が安倍氏を見る視線も、その文脈のなかにある。韓国にとっては、けっして譲歩できず、好意を持てるような相手ではないということだ。

 だがそうだとしても、あまりにも毛嫌いしすぎのような気がする。それは単に「~だから嫌い」という次元ではなく、生理的な嫌悪に近い。とにかく安倍氏を貶(おとし)めて、笑いものにしたくて仕方がない、という印象なのだ。

「アベノマスク」を笑いものに

 この年末年始に目にした、そう思えた報道を紹介しよう。

 昨年(2021年)末、安倍政権が供給し余剰在庫となっているマスクアベノマスク)をめぐって、岸田首相が「2021年度内に廃棄することを指示した」と国会で発言すると、韓国で新聞のみならず報道番組でも大きく取り上げられた。ケーブルテレビ局「JTBC」の報道番組では、「安倍元首相は去ったけれども、アベノマスクは8000万枚ほど残っています」という言葉で、岸田首相のマスク廃棄決定を伝える報道が始められた。のっけからなかなかの皮肉に聞こえるではないか。

 それだけではない。「飛沫通過率100%と嘲笑され、誰もこのマスクを使おうとしていないとのこと。このままのペースでいけば33年経ってようやくマスクの在庫がなくなると見積もられている」との辛口な言葉が続く。そのあとに続く日本の街中でのインタビュー映像では、「使う人いないんじゃない?」「使ってみたけど、サイズが小さいから使いにくい」「何となく机の奥に」といったコメントが紹介された。

 さらにこのマスクの特別な使い方として、いくつかのツイートを引用。「アベノマスクをガーゼの布巾(ふきん)にした」とか「子どもが熱出した時に水布巾の代用にした」、あるいは「マスクの上に種を撒いたら芽が出てよく育った」など、私も知らなかった使用法まで紹介されていた。カビが生えていたなどの不良品があったという情報も、もちろん忘れずに紹介されている。

 ちなみに私もアベノマスクについてはかなり批判的である。だがアベノマスクの配布はあくまでも日本国内の話である。日本のニュースとしてただ事実を伝えるのならわかるが、ここまで主観的、感情的な言葉で報道するのは、いくら報道の自由があるとはいっても、いかがなものなのだろうか。外国の出来事に関するこれほど偏った報道を、何の疑問を持たずに受け入れている社会があったとしたら、そちらの方が問題ではないか。

「輸出規制」が契機に

 そうした報道になってしまう背景には、安倍首相再来への恐れがあるのではないかと私は考えている。韓国は「安倍恐怖症」なのだ。

 その1つの例が、岸田・安倍、2人の不仲説をめぐる報道である。

 1月2日にはネットメディア「イーデイリー」が「『上皇』安倍はなぜ岸田総理をイジメたのか」と題した記事で、安倍氏への権力集中を批判的に取り上げた。

 また韓国の週刊誌「時事ジャーナル」(1月4日付)は、「緊張感漂う日本の政局 岸田と安倍の『衝突』」という記事で、最大派閥の会長に就任した安倍氏とその周辺の人物らによる“ポスト岸田”擁立への動きに警戒感をにじませた。

 最近のアンケート調査によると、日本は多くの韓国人から「信頼できる国」とは思われていないそうだ。「協力すべき国」としては北朝鮮よりも下位だった。

 そうなった契機の1つとして韓国人がよく挙げるのが、日本政府による「輸出規制」である。2019年7月、日本政府は輸出先として信頼する「ホワイト国」から韓国を除外した。この一件で韓国社会には「日本は信頼できる相手ではない」という意識が浸透し、当時の安倍首相はその首謀者として悪評を確固たるものにしてしまった。

 とはいえ、多くの韓国人は「あんなことをされても、たいした影響はなかった。なぜ日本はあんな中途半端なことをやったんだ?」と言い出すのだ。それならば、安倍晋三など恐れるに足らずと言い切ってくれた方がよほどわかりやすいのだが。

 韓国は一体いつになったら“安倍晋三の呪縛”から解放されるのだろうか。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  英国の華人「女スパイ」、なぜ今MI5は警告を発したのか?

[関連記事]

北朝鮮の新型ミサイル発射が日本に迫る「重大判断」

『鬼滅の刃』十二鬼月の名前に秘められた、鬼舞辻無惨の真意

韓国で安倍元首相への注目が再び高まっている(資料写真、2021年10月28日、写真:つのだよしお/アフロ)